顔脱毛

【口臭&虫歯予防】歯磨きの後にデンタルフロスは使ってる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デンタルフロス

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

僕は歯医者さんが怖いので普段から虫歯にならないように歯磨きにはめちゃめちゃ時間をかけています。
他にも、歯が黄色いと周りの人から汚いとか気持ち悪いと思われてしまうのでホワイトニングをしていたり、口臭を防止するためにケアをしたりと、とにかくお口のケアをしています。

そんなお口のケアの中でも口臭の防止やホワイトニングなどのケアはやっている人も多いかもしれません。
でも、実は意外と忘れがちなお口のケアがあるのです。

それは歯間のケアです。
デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯と歯の隙間の掃除をするケアです。

海外ではデンタルフロスを使うのは当たり前なのですが、日本ではまだまだ普及しておらず歯間をケアしていない人が結構いるんです。

というわけで、この記事では歯間のケアについて詳しく紹介していきます。

歯間ケアは必ずしたほうがいい

歯
歯と歯の間である歯間は実は歯ブラシでは磨くのが難しい部分なのです。

基本的に歯間は歯ブラシが間に入り込めないくらい狭いのです。
しかし、そんな狭い場所にも食べかすなどの汚れが溜まります。

この汚れを放置しているとニオイが発生して口臭の原因になってしまったり、細菌が繁殖して虫歯や歯周病などお口の中の病気の原因になってしまう可能性があります。

なのでこの歯間の汚れはしっかりと奇麗にしておいたほうがいいのです。
歯間のケアは必ずしたほうがいいと思います。

歯間ケアにはデンタルフロス

デンタルフロス
汚れは溜まりやすいけど歯ブラシでは奇麗に出来ない歯間。
そんな歯間のケアにはデンタルフロスを使いましょう!

歯間のケアと言えば歯間ブラシのイメージがありますが、歯間ブラシは人によっては歯茎を傷めてしまう場合があるのでデンタルフロスがオススメです。

また、デンタルフロスも切って使うタイプではなくY字型のものを使うのがオススメです。
Y字型のほうが少しお値段はしますが、圧倒的に使いやすいですからね。

デンタルフロスの中でも僕が愛用しているこちらのウルトラフロスはかなりオススメです。

ウルトラフロスは歯医者さんでも使われているデンタルフロスです。
フロスが物凄く細い為、歯間が狭い人でも無理なく使えるのがポイントです。

ドラッグストアで売っているデンタルフロスに比べてお値段が高めですが、洗って繰り返し使う事も出来るのでそこまでコスパは悪くないと思います。

ウルトラフロスを使えば歯間までしっかりと奇麗にする事が出来ます。

歯間ケアを習慣に

口臭予防やホワイトニングなどのケアは見た目への影響も大きいのでやっている人は多いと思います。

でも、歯間のケアも重要です。
歯間の汚れは口臭にもなりますし、細菌が繁殖すれば歯周病歯槽膿漏歯肉炎虫歯など様々な病気になってしまう原因があります。
歯槽膿漏や歯周病は治療に時間もかかりますし、虫歯も歯と歯の間となれば治療が難しくなります。

見た目ばかりを気にしてケアをするのではなく、見えない部分までしっかりとケアしてあげるのが大切です。

歯間までしっかりと奇麗にしてスッキリした毎日を過ごしましょうね!!

歯に優しくて効果的なホワイトニングはコチラ

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする