【歯の黄ばみ】歯が黄色いデメリットは見た目だけじゃない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯

歯が黄色いと人から「汚い」と思われたり「気持ち悪い」と思われてしまうんじゃないかと不安な人がいると思います。

確かに歯が黄色く黄ばんでいる人って見た目が悪いので「汚い」とか「息が臭そう」と思われる事があると思います。
実際に歯が黄色いのが原因でモテなかった女の子もいます。

でも、実は歯が黄色く黄ばんでいるデメリットって見た目だけじゃないんです。

他にも大きなデメリットがあるんですよ!

ブラントゥース

歯が黄色=汚い、臭い

歯
歯が黄色く黄ばんでいると一番気になるのは人の視線ですよね。
話してる時やご飯を食べているときなど相手に黄色い歯を見られているんじゃないかと不安になる事もあると思います。

それは、やっぱり「歯が黄色い=汚い、臭そうと人から思われたら嫌だからだと思います。

実際には歯が黄色くなってしまうのは食べ物や飲み物が原因で歯磨きをしていても黄色くなってしまいます。
つまり、歯磨きがうまく出来ていなくて汚いから歯が黄色く黄ばんでしまうわけではないのです。
だから、歯が黄ばんでいるからといって汚いわけでも息が臭いわけでもないんです。

でも、世の中の人は歯が黄色くなってしまう原因について正しく理解していないので「歯が黄色い=汚い、臭そうという風に思ってしまっているんです。

歯が黄色い最大のデメリットとは

歯
歯が黄色いとついつい見た目ばかりを気にしてしまうのですが実は他にも歯が黄色い事によるデメリットがあるんです。
それは歯が黄ばんでいると性格や生活レベルについても相手から悪く見られてしまう事があるというデメリットです。

例えば、歯が黄ばんでいると「歯が黄ばんでいる → 歯磨きがしていない → だらしない、ルーズなんていう風に思われてしまう事もあるんです。

他にも「歯が黄色い → 歯磨きしていない → 家とかも汚そうなんていう風に思われてしまうかもしれません。

歯が黄ばんでいると見た目だけじゃなく性格までも判断されてしまう事もあるんです。

ブラントゥース

オーラルケアが重要

歯ブラシ
歯が黄色いと見た目だけで汚いと思われるだけでなく性格や生活レベルまで悪く見られてしまう可能性があります。

なので歯が黄色いのであればやっぱり元の白さになるようにしっかりとホワイトニングなどのオーラルケアをする必要があります。
ホワイトニングをすれば自然に歯の白さを取り戻す事が出来るので人から「汚い」とか「だらしない」と思われる事もなくなると思います。

ちなみに普段の歯磨きでは黄色くなってしまった歯を白くする事は出来ません。
ホワイトニングにはステインリムーバーを使って自分でやる方法や歯医者さんでのホワイトニングなど様々な方法があるのでその中から自分に合ったホワイトニングの方法を選ぶようにしましょう。

どの方法にもメリットとデメリットがあるので注意して選ぶようにしましょう。

みなさんもぜひ、ホワイトニングで白い歯を手に入れてくださいね!

優しく効果的にホワイトニングする方法はこちら

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。
好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)
20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。
というわけで、恋の経験値は高めです。
自分の経験を基に色々な記事を書いていきますので是非読んでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする