【歯が黄色い】歯磨きが原因じゃない!?歯が黄色くなっちゃう本当の理由【歯が汚い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

みなさんこんにちは!!
歯が命!!なライターの僕(@boku_chandayo)です。

僕がどれくらい歯に気を使っているかという事はこの辺の記事を読んで貰えればよくわかると思います。

また、僕は世界中から集めたこれだけの歯磨き粉を使って歯を磨いています。

歯磨き粉

さて、そんな歯に対するこだわりが半端ない僕がこの記事で皆さんに説明したいのは「どうして歯が黄色くなるのか」という事です。

歯が黄色くなるのは汚いからだ・・・とういう先入観からか歯が黄色く黄ばんでしまうのは「歯磨きがしっかりできていない」というのが原因だと思ってる人が多いと思います。

でも、それは勘違いなんです!

実はしっかりと歯磨きをしていても歯が黄色く黄ばんでしまうんです。
しかも、誰もが絶対に黄ばんでしまう可能性があるんですよよね。

というわけで、歯が黄ばんでしまう理由を詳しく説明していきます。

「歯が黄色い=歯磨きが出来ていない」は間違い

歯磨き
黄色い歯を見ると人はなんとなく汚いというイメージを持つと思います。
そんな汚いというイメージからか、歯が黄色いと「しっかり歯磨きが出来ていない」と思う人もいると思います。
でも、それは間違いなんです!

どんなにしっかりと歯磨きをしていたとしても”誰でも”必ず歯が黄色くなっていきます。

そして、そんな歯が黄色くなってしまう原因が・・・

歯の着色

です。

文字通り、普段食べ物や飲み物を飲んでいると歯に少しずつ色が着いてくるのです。
毎日、少しずつ着色してくるのですが年月が経つにつれてどんどん色が濃くなっていきます。
そして、色が濃くなれば濃くなるほど歯が黄色く見えてきます。

これが歯が黄色くなっていく本当の理由なんです。

ブラントゥース

着色の原因はステイン

歯
歯磨きをちゃんとしていても歯の着色によって歯が黄色くなってしまうという事はわかって頂けたと思います。
では、歯の着色の原因は何でしょうか。

それはステインです。

じゃあ、ステインって何だと思いますか?

ステインは英文表記するとstainとなり日本語に直すと染料という意味になります。
つまり何かを染める為の物質を表す言葉です。

具体的な物質にはタンニン、アントシアニン、イソフラボン、ビタミンBなどがあります。

そして、この染料ですが実は自然界に多く存在します。

なので私たちが普段口にするような食べ物や飲み物にも大量に含まれています。
一般的にステインは色の濃い食べ物や飲み物に多く含まれている傾向が多いのですが「え、これもそうなの!?」と思うような食べ物や飲み物にもかなり含まれています。

例えば・・・

・チョコレート、カレー、大豆食品などの食べ物
・ブルーベリー、ぶどう、りんご、バナナなどのフルーツ
・赤ワイン、お茶、コーヒーなどの飲み物
・緑黄色野菜、ネギ、にんにくなどの食べ物

などです。
お茶やワインにはタンニンが含まれていますしブルーベリーやぶどうにはアントシアニンが、大豆にはイソフラボンが含まれていますよね。

そして、どれも日常的に私たちが口にしている食べ物だと思います。

工業製品にも使われるステイン

ペンキ
ステインが歯を黄色くしてしまう原因だという事はわかって頂けたと思います。
そして、このステインですが実は工業製品にも使われるレベルの染料なんです。

例えば、ステインであるアントシアニンは食品の着色料や繊維を染める際の染料として古くから使われているのです。

つまり、ステインはそれだけ物を染めてしまう力があるという事なんです。

もちろん飲食物に含まれるステインの量は染料に比べたら少ないです。
でも、少量でも毎日飲むようなコーヒーやお茶に含まれていれば少しずつ歯を黄色く染めていきます。

一度付着すると落ちないステイン


歯が黄色くなってしまう原因のステインですが工業製品にも使われている染料なので当然簡単には落とす事が出来ません。
毎日の
歯磨きではまず落とすことが出来ません。

それはステインは歯を”染めてしまっている”からなんです。

歯の表面についてしまっている歯垢などの汚れは歯ブラシで落とす事は出来ますが染みついてしまった色は落とす事が出来ません。

ステインによって着色して黄色くなってしまった歯を白くする方法は次のいずれかの方法しかありません。

・歯医者さんでホワイトニング
・歯の消しゴム(ステインリムーバー)を使う
・ホワイトニング用のペーストを使う

このいずれかの方法以外では黄色くなってしまった歯を元の白さに戻す事は絶対に出来ないのです。

予防はできないの!?

落とすことが出来ないのなら予防すればいいじゃん・・・と思う人がいるかもしれません。

でも、ステインは日常的に口にする多くの食品に含まれています。なので予防する事は難しいと思います。

毎日、お茶やコーヒーを飲まないなんて考えられますか?
大豆製品や緑黄色野菜にもステインが含まれています。でも、これらの食品を食べなければ栄養バランスが偏ってしまいますし体にも悪いですよね。

なので基本的に歯が黄色くなるのを予防する事は出来ないわけです。

ブラントゥース

定期的にホワイトニングするしかない

歯
というわけで歯が黄色くなってちゃう理由を説明しました。

どれだけ丁寧に歯磨きをしてようが毎日食べ物を食べて普通に生活しているだけで自然と歯が黄色くなっちゃうわけです。
そして、着色は歯磨き等普通の方法では落とすことが出来ません。
さらに歯が黄色くなってしまうのを防ぐ事も出来ません。

なので歯が黄色くなって気になってきたらホワイトニングで綺麗にするしかないと思います。

ホワイトニングって聞くとめんどくさそうとかお金がかかりそうっていうイメージを持ってる人もいると思いますが、最近ではお手頃価格で簡単にホワイトニングをする方法もあります。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

お手頃価格で簡単にホワイトニングする方法はコチラ

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする