【危険】歯の黄ばみを重曹で落とすのは超危険!!【歯の黄ばみ×重曹】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
重曹

歯の黄ばみって気になりますよね。
歯が黄ばんでいると人から汚いと思われてしまいそうですし、何よりも見た目が悪いですよね。

人に与えるイメージや第一印象が悪くなりますので歯の黄ばみで悩んでる人もたくさんいると思います。
当然、そんな歯の黄ばみはさっさと落として白い歯にしたいですよね。

歯の黄ばみを除去する方法はいくつかありますが、その中でもネット上の一部のサイトなどでオススメされている歯の黄ばみを除去する方法があります。

その方法が・・・

歯の黄ばみを重曹で落とす方法です。

重曹は簡単に手に入りますしキッチン周りなどの頑固な汚れを落としてくれるのでなんとなく歯の黄ばみが落とせそうですよね。
しかも、重曹はお菓子作りなどにも使うので口の中に入れても安全そうですよね。

でも、実はこの歯の黄ばみを重曹で落とす方法は超危険なんです。
歯の黄ばみを重曹で落とそうとすると取り返しのつかない事になってしまう可能性もあるんですよ。

ブラントゥース

重曹を使うと汚れが落ちる理由

フライパン
重曹はキッチンの汚れやお風呂場の汚れなどを綺麗にするときに使いますよね。
また、重曹をつかうと焦げ付いたフライパンも綺麗になりますよね。

では、なぜ重曹を使うと頑固なフライパンの焦げやキッチンの汚れを落とす事が出来るのでしょうか?

その理由は重曹の研磨作用にあります。

重曹を見ればわかると思いますが砂みたいにザラザラとした粉末ですよね。
この粉末が汚れを削り取る事によって綺麗にするのです。

つまり重曹は研磨剤なわけです。

ネット上ではこの重曹を歯ブラシにつけて歯磨きをする事によって歯の黄ばみを落すことが出来ると書かれています。

しかし、重曹を使って歯を磨くと歯が削れてしまいます。
磨けば磨くほど重曹によって歯が削れていきます。

もし仮に歯の黄ばみを重曹で落とすことが出来たとしても歯が削れてしまうので実はかなり危ない事なんです・・・

ちなみに、基本的に歯の黄ばみは普通の歯ブラシや歯磨き粉で落とす事は出来ません。
しかし、重曹は掃除などにも使われるレベルのかなり強力な研磨剤なので歯の表面を削る事に寄って歯の黄ばみを落とすことが出来るかもしれません。
でも、歯の黄ばみを落とすのと引き換えにトラブルを引き起こしてしまうのです。

まとめ重曹は研磨剤!

歯の黄ばみを重曹で落とすと・・・

歯
重曹で歯を磨くと重曹の研磨作用で歯の黄ばみが落ちたりツルツルになったりすると思います。
歯の黄ばみも落ちてスッキリした気持ちになるかもしれません。

でも、実は歯のエナメル質が削れてしまってボロボロになっていたり、歯の表面に細かい傷が付いてしまっているのです。
そして、これがお口の中のトラブルの原因になってしまうのです。

まず、重曹の研磨作用でエナメル質が削れてしまう事によって知覚過敏になってしまいます。
冷たいものが歯に染みて痛みを感じるようになるのです。
また、重曹の研磨作用はレジン(虫歯治療の詰め物)にもダメージを与えてしまい詰め物が取れてしまったりする事もあります。

さらに、重曹の研磨作用で歯の表面に付いた細かい傷に汚れや細菌が溜まって虫歯の原因になってしまう事があります。
この細かい傷には歯の黄ばみの原因となるステインも溜まりやすくなるので歯が黄ばみやすくなってしまいます。

つまり、歯の黄ばみを重曹で落とそうとすると歯にダメージを与えてしまいトラブルの原因になってしまうのです。
また、重曹で落とそうとすると歯の黄ばみを落とすどころかもっと歯が黄ばみやすくなってしまいます。

まとめ重曹は歯を削りダメージを与える!

一度削れたら二度と戻らない

ヤスリ
歯の黄ばみを重曹で落とすというのはヤスリで歯磨きをしているのと同じことです。
実はとっても危険な事なんです。

歯は一度傷ついてしまうと二度と元に戻る事はありません。

つまり、一度でも重曹で歯磨きをして歯に傷が付いてしまうと歯が黄ばみやすくなってしまったり一生虫歯になるリスクを負わなければいけなくなるのです。

歯の黄ばみを重曹で落とそうとするのは絶対にやめましょう!!

まとめ一度削れた歯は二度と戻らない!

ブラントゥース

重曹で歯磨きすると歯石が付きやすくなる

歯の黄ばみを重曹で落とすと歯が削れてしまい様々なトラブルの原因になるなどデメリットがたくさんある事を紹介しました。

でも、実は歯の黄ばみを重曹で落とそうとするデメリットは歯が削れてしまう事だけじゃないんです。

重曹はアルカリ性の物質です。
なので重曹を使って歯の黄ばみを落とそうとすると口の中がアルカリ性になってしまいます。
そして、アルカリ性になってしまうと歯石が付きやすくなるのです。

歯石が付いてしまうと歯の黄ばみの原因になってしまったり口臭・歯周病・生活習慣病など様々なトラブルの原因になります。
しかも、歯石は”石”が付くだけにかなり硬い物質で歯磨きで落とすことは出来ません。
歯石を落とすには歯医者さんで歯石除去をするしかなくなります。

このように歯の黄ばみを重曹で落とそうとすると歯に傷が付く以外にも大きなデメリットがあるのです。

まとめ重曹は歯石をつきやすくする!

歯に優しくホワイトニングする方法

プレミアムブラントゥース
歯の黄ばみを重曹で落とすのは大きな危険が伴いますし、デメリットがたくさんあります。
だからと言って歯の黄ばみをそのままにしておくのは嫌ですよね。

そんな人には歯に優しく黄ばみを落とせる商品がオススメです。
僕はプレミアムブラントゥースというホワイトニング専用商品を使っています。

26種類の天然由来の成分によって歯の黄ばみを優しく落としてくれる商品です。
プレミアムブラントゥースは植物由来の歯に優しい成分で黄ばみの原因となる着色を分解して落とす事が出来ます。
重曹のように歯を削り取って黄ばみを落とすわけではないので歯に優しいのが特徴です

ちなみにこの商品は研磨剤も含まれていないので歯を傷つける事が無いんですよ。

歯の黄ばみを落とす商品は他にもいろいろありますが、研磨剤が含まれていたり歯を漂白する為の強い薬品が含まれていたりする商品が多いので注意が必要です。

歯の黄ばみを優しく落としたい人はぜひプレミアムブラントゥースをチェックしてみてください。

プレミアムブラントゥース公式サイトはコチラ

絶対に重曹は使わない

重曹
というわけで歯の黄ばみを重曹で落とすのはとても危険な行為です。
絶対に重曹で歯磨きをするのはやめてください。

一度でも歯の黄ばみを重曹で落とそうとすると一生治る事のない傷が歯についてしまいます。

繰り返しになりますが絶対に歯の黄ばみを重曹で落とすのはやめましょう!!

歯の黄ばみが気になっているから落としたいという人は出来るだけ歯に負担をかけない歯に優しいホワイトニングの方法を試してみてください。

FUTARIDEでは他にもオーラルケアや歯の黄ばみを落とす方法についての記事がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

歯に優しくホワイトニングする方法はこちら

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。
好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)
20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。
というわけで、恋の経験値は高めです。
自分の経験を基に色々な記事を書いていきますので是非読んでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする