歯が黄色い原因と歯に優しく効果的に白くする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯

歯が黄色いのって気になりますよね。

歯は顔の中でも人の目が行きやすい部分です。そして、顔全体の印象を決めるパーツでもあります。そんな歯が黄色いと気になっちゃいますよね。

歯が黄色いのは見た目にも悪いですし、歯が黄色いと人から汚いとか思われたりしないか不安にもなると思います。歯が黄色い事を悩んでいる人もかなりいると思います。
歯が黄色いのが気になってしまって相手の顔を見て話せない、歯が黄色いのが見られるんじゃないかと大きく口を開けて話せないなんて言う悩みを持っている人もいると思います。

僕も歯が黄が色いという事について長い間悩んできました。
歯磨き粉

これは僕が歯が黄色いのを白くする為に毎日使っていた歯磨き粉達です。
僕は歯が黄色いのが嫌なので今までいろいろな歯磨き粉を使っていました。

でも、結局どの歯磨き粉を使っても歯が黄色いのを効果的に白くすることはできませんでした。

歯が黄色いのを白く出来るという高価な歯磨き粉をいろいろ買ってみましたが、それを使っても歯が黄色いのを白くすることは殆ど出来ませんでした。

それどころか間違った方法で歯が黄色いのを白くしようとすると歯にダメージを与えてしまって虫歯になったり知覚過敏になったりと取り返しのつかない事になってしまう事に気がつきました。

かといって、歯が黄色いままにしているとそれは「歯が黄色い=不潔という印象を人に与えてしまいます。
人から「あいつ歯が黄色いけどちゃんと歯磨きしてないのかな」とか「歯が黄色いなんて汚いな」って思われたりもするかもしれません。

歯が黄色いと仕事や恋愛など人生のあらゆる場面でマイナスの要素にもなるんですよね・・・

そんなわけで、この記事ではみなさんに歯が黄色くなってしまう理由や効果的に歯が黄色いのをを白くする方法などを詳しく説明して行きます。

歯が黄色いだけでモテない?チャンスを失う?

落ち込む
歯が黄色いと汚いっていうイメージを与えてしまいます。

そして、汚いというイメージが「虫歯がありそう」とか「息が臭そう」なんていう風に発展してしまいます。

さらに歯が黄色い人って自己管理が出来ないルーズな人っていうイメージや生活レベルが低そうなんていうイメージを持たれてしまいます。
つまり、歯が黄色いだけでマイナスイメージを持たれてしまうわけです。

そんなわけで歯が黄色いと恋愛や仕事において不利になってしまう可能性があります。
また、歯が黄色いと人から避けられてしまう可能性もあります。
実際に僕の知り合いには歯が黄色いからという理由でモテない女の子もいました・・・
どんなに可愛くてもイケメンでも歯が黄色いという理由だけでモテなかったり歯が黄色いだけで嫌われてしまう事もあるわけです。

つまり歯が黄色いのはデメリットしかないわけですね。

歯が黄色いと他人から・・・

汚いと思われる
歯磨きしていないんじゃないかと思われる
・生活レベルが低そうと思われる
ルーズそうと思われる
・近づきたくない、関わりたくないと思われる

こんな風に思われてしまう事があるんです。

歯が黄色いのは本当にデメリットのオンパレードです。

また、こんな風に他人から思われるわけですから当然、歯が黄色いと恋人が出来ないとか友達から距離を置かれるなど歯が黄色いと人間関係にも影響があると思います。

たぶん、みなさんも歯が黄色い人を見れば「汚いな」とか「あんまり関わりたくないな」って思ったりしませんか?

僕も歯が黄色い女の子とキスしろって言われたら無理だと思いますし、歯が黄色い人にはやっぱり近づきたくないと思ってしまいます。

なので、繰り返しになりますがやっぱり歯が黄色いのはマイナスでしかないわけです。

まとめ歯が黄色いのはデメリットしかない!

そもそもなぜ歯が黄色くなるの?

歯
歯が黄色いのはマイナスでしかないわけですが・・・そもそも、なんで歯が黄色くなっちゃうんでしょうか?

歯が黄色くなるのは磨き残した汚れだと思う人が多いと思いますが実は違うんです。
歯が黄色く黄ばんでしまうのは”着色”が原因なんです。

僕たちが普段生活しているとコーヒーやワインなどを飲んだりしますよね?
そのコーヒーやワインに含まれるステインと言われる物質が歯の表面にこびりついてしまう事によって歯に色がついてしまうんです。歯の状態などにより人によってはこのステインがこびりつきやすい場合もあります。
ステインは色の濃い食べ物や飲み物に多く含まれているので注意が必要です。

歯が黄色くなる詳しい理由や歯が黄色くなる原因となる食べ物を知りたい方は「歯磨きが原因じゃない!?歯が黄色くなっちゃう本当の理由」という記事もぜひ読んでみてください。

まとめ歯が黄色いのは食べ物が原因!

歯が黄色いのを効果的に解消できる商品はコチラ

毎日の歯磨きでステインは落とせないの?

歯ブラシ
歯が黄色いのはステインが原因なわけですが、ステインって毎日の歯磨きじゃ落とす事が出来ないんでしょうか?

結論から言うと歯が黄色いのを落とすことが出来ません。

歯磨きをする時に使う歯磨き粉にはホワイトニングとか書かれていますが、あれは歯の表面を研磨剤で磨いて汚れを落とすものです。なので歯の表面についている軽い汚れは落とせてもステインが歯を着色してしまうと落とすことが出来ないのです。
だから、ホワイトニングと書かれている歯磨き粉を使ってもあまり効果はありません。

また、歯が黄色いから「しっかり歯磨きしなきゃ!」と強い力で歯を磨いたりすると歯茎を傷める可能性があります。

それだけではなく強く磨きすぎる事によって歯の表面に傷が付きます。その傷の部分にステインが付着してしまい、逆に歯が黄色くなってしまったり虫歯になってしまう可能性もあります。

歯磨きではステインが落とせない理由について詳しく知りたい人は「歯磨きでは歯が黄色いのを白くできない理由」という記事も読んでみてください。

まとめ歯磨きでは歯が黄色いのを解消できない!

歯の消しゴムじゃステインは落とせないの?

消しゴム
ドラッグストやネット通販などではこんな感じの「歯の消しゴム(ステインリムーバー」と言われる歯が黄色いのを白くするアイテムが売られていたりします。たぶん目にした事がある人も多いんじゃないでしょうか。

この歯の消しゴムを使えば多少は歯が黄色いのを白くする事が出来ます。
でも、実はこの歯の消しゴムって歯の表面を削ってるって知ってましたか?

歯の消しゴムの仕組みとしては歯の着色してしまった部分をヤスリのように削り取って白くしているのです。
つまり、使えば使うほど歯が削れてしまいます。そうすると知覚過敏になってしまうんですよね。

また、素人が歯の消しゴムで歯を削ると力の加減などによって歯の表面に傷を付けてしまう事があります。
傷ついた部分にはステインが付着しやすくなるので余計に歯が黄色くなってしまいます。

つまり・・・

歯が黄ばむ

歯の消しゴムで歯を削って白くなる

黄ばみやすくなる

また削る

というループを繰り返す事になり、どんどん歯が削れてしまったり傷ついてしまうんです。

さらに歯が傷ついてしまうとその部分に汚れ虫歯の原因となる菌が溜まりやすくなり、虫歯になってしまう可能性があります。

なので、歯の消しゴムはあまりオススメできません。
絶対にやめたほうがいいです。

まとめ歯の消しゴムやステインリムーバーは絶対にダメ!

歯の消しゴムより安心・安全な商品はコチラ

じゃあ歯医者さんでホワイトニングするしかないのか・・・

歯医者
歯の消しゴムでホワイトニングするのは歯が削れてしまったり、歯が黄色く黄ばんでしまう事の原因になるのでオススメできません。

となると、やっぱり歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのが一番いいと思いますよね。

でも、歯医者さんでホワイトニングを頼むと最低でも3万円くらいはしますし高ければ万円以上になるところもあります。ホワイトニングは保険診療の対象外となる自由診療の為費用が掛かってしまいます。また、歯の専門家である歯医者さんにホワイトニングしてもらうのでどうしても値段が高くなってしまうんですよね。

また、歯医者さんのホワイトニングは何回か通う必要があるのでめんどくさいですし、歯医者さんが怖いとか嫌いっていう人はそもそも歯医者さんに行くのが嫌ですよね。

さらに実は歯医者さんのホワイトニングの場合は歯が染みて痛みを感じる場合があります。

歯医者さんのホワイトニングは過酸化水素というという薬品を使って黄色い歯を白くしていきます。イメージとしては歯を漂白するイメージです。

この過酸化水素というのはかなり歯が黄色い状態でも白くする事が出来るのですが、刺激が強い薬品なので歯の状態や体質などによっては歯が染みてしまい強い痛みを感じてしまうのです。

痛みを感じるという事は歯に対してダメージを与えてしまっているわけです。

また、場合によっては歯がもろくなってしまう事もあるようです。

もちろん、専門家である歯医者さんが付いているので安心は出来ますがそれでもやっぱり歯が染みて痛みを感じる事はありました。(体験談)

このように歯医者さんでのホワイトニングには結構デメリットがあったりするんです。

デメリット・費用が高い
・歯医者さんに数回通わなければいけない
・歯が染みて痛みを感じる

ホワイトニングの方法まとめ

ホワイトニング比較表1
あらためてホワイトニングの方法を表にまとめてみました。

やはり歯が黄色いのを一番奇麗に出来るのは歯医者さんでのホワイトニングです。
しかし、痛みを感じてしまう場合がありますし費用も高めです。

次に効果があるのがステインリムーバーです。費用も数百円なのでお手軽ですよね。
ただし、歯を削る事になるので知覚過敏虫歯の原因になる場合があります。

そして、最後に歯の美容液という商品もよく売られているので紹介しておきます。歯の美容液は塗るだけで歯が白くなると謳われている商品です。
歯の美容液は商品や成分によりますが一般的に効果が低い上に歯にダメージを与える成分が含まれている場合もあります。
また、値段もそこそこする商品もあります。

ぶっちゃけどの方法も歯に対するダメージが大きかったり効果が低かったりして微妙ですよね。

歯にも優しくて、歯が白くなるホワイトニング方法はないの?

歯
じゃあ、「歯にも優しくて、歯が白くなるホワイトニング方法はないの?」って思う人もいると思います。
実はあるんです!

それがコチラの「プレミアムブラントゥース」です。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは黄色い歯を植物由来の成分で優しくホワイトニングしてくれる商品です。

プレミアムブラントゥース公式サイトはコチラ

そして、この商品が凄いんです!!

何が凄いのかと言うと・・・

歯にダメージを与えずに効果的にホワイトニングが出来ちゃうんです!!

僕自身も実際にプレミアムブラントゥースを使っているのですがプレミアムブラントゥースを使ってみて歯が染みたりする事はありませんし研磨剤も含まれていないので歯が削れる心配もありません。

それなのに使っているうちに歯が白くなっていんです。

プレミアムブラントゥース

それはプレミアムブラントゥースは天然由来の成分で黄色くなった歯を白くするからです。

プレミアムブラントゥースには26種類もの天然由来成分が使われています。

例えば、プレミアムブラントゥースに含まれているウーロン茶はウーロン茶ポリフェノールの働きによって歯が黄色くなる原因の歯垢を落としてくれたり歯垢の付着を防いでくれる効果があります。

他にも、パパイヤに含まれるパパインという成分は歯の黄ばみとなる「タンパク質の結合」を分解してくれる効果があり自然なホワイトニング効果があります。

詳しい成分・効能を公式サイトでチェックする!

このようにプレミアムブラントゥースは歯の汚れを削り取ったり薬品を使わないで自然の力で黄色くなってしまった歯を白くしてくれるのです。

また、自然の力で歯に汚れや色素が付きにくくしてくれます。
つまり、歯が黄色くなりにくくなるわけです。

歯に優しくホワイトニング出来て、さらに歯が黄色くなりにくくなるなんてまさに理想的な商品だと思いませんか?

そんな理想的な商品であるプレミアムブラントゥースは専門家からも高い評価を受けていたり、有名な雑誌にも取り上げられている凄い商品なんです。

世界5ヵ国で売り上げNO.1
・「歯科関係者が選ぶホワイトニング」5冠達成
歯科衛生士推薦ホワイトニング
人気女性誌「GLITTER」「JJ」「Ray」「ar」紹介
・ミランダ・カー、エマ・ワトソンなどセレブも支持する商品

こんな感じでとにかく高評価を得ている凄い商品なんです。
僕は今までにも色々な歯磨き粉やホワイトニング液を使ってきましたが、これだけ雑誌に取り上げられたりセレブからも支持されている商品は見た事がありません。

もちろん、利用者からの口コミや評判も凄くいい商品なんです。
ここまで評価が高いのはプレミアムブラントゥースが本当に実力のある商品だという証拠だと思います。

口コミ・評判を公式サイトでチェックする!

使い方&使ってみた感想

プレミアムブラントゥース
実際に僕も2ヵ月ほどプレミアムブラントゥースを使ってみました。

使い方は物凄く簡単でいつもの歯磨き粉をプレミアムブラントゥースに変えるだけです。
ただし、僕はプレミアムブラントゥースをより効果的に使うために普通の歯磨き粉で歯を磨いてから改めてプレミアムブラントゥースを使っています。
プレミアムブラントゥースには研磨剤が含まれていないので2回磨いても歯へのダメージが無いんですよね。

プレミアムブラントゥースには26種類もの天然由来の成分が含まれてるので凄い味がしそうだ・・・と思っていたのですが、ほんのりハッカの風味を感じる程度で全く変な味もしません。
また、普通の歯磨き粉に比べてスースーする刺激も少ないと思います。

実際に使ってみた感想としては少しずつ歯が白くなってきている事が実感できました。

プレミアムブラントゥースの性質上、歯医者さんでのホワイトニングのようにすぐに歯が白くなるわけではないのですが2ヵ月間使い続けている間に鏡で歯を見ていると白くなってきているのが実感できます。

歯医者さんでのホワイトニングのように急激に白くならないので、さり気なくホワイトニングできるのも嬉しいですよね。

さらに、研磨剤が含まれていないのにも関わらずしっかりと歯を磨く事が出来ているのが実感できます。
磨き終えた後は歯がツルツルになります。

また、朝起きた時に口の中がねばついて不快にならないのも個人的にはうれしいポイントです。

プレミアムブラントゥースはホワイトニングだけじゃなく毎日の歯磨き粉としても十分使えると思います。

プレミアムブラントゥースを実際に僕が使ってみたレビューや詳しい使い方などは「自分で出来る歯に優しいホワイトニングを実際に試してみた」という記事をチェックしてみてくださいね。

プレミアムブラントゥース公式サイトはコチラ

プレミアムブラントゥースのデメリット

プレミアムブラントゥース
プレミアムブラントゥースを使えば歯に優しく自然にホワイトニングする事が出来ます。
でも、実はデメリットもあります。

それはすぐに効果が出ないという事です。

プレミアムブラントゥースは自然由来の成分で歯に優しくホワイトニングしていきます。
なので歯医者さんでのホワイトニングに比べるとすぐに歯が白くなるわけではありません。

毎日使い続ける事によって少しずつ白くなっていくのです。
公式ホームページや購入時のパンフレットにも書かれていますがプレミアムブラントゥースの効果を最大限感じるには3ヵ月くらい使い続ける必要があるのです。

すぐに白くならない、ある程度使い続けないといけないというのはプレミアムブラントゥースのデメリットだと思います。

ホワイトニングの方法比較

ホワイトニング比較表2
最後に全てのホワイトニングの方法を比較してみました。

表を見て貰えば一目瞭然だと思いますが歯にダメージがなく優しく効果的にホワイトニングできるのはプレミアムブラントゥースです。

歯に物凄く気を使っている僕自身もプレミアムブラントゥースを使ってみて歯に優しく、そして確実に歯を白くしてくれるのでホワイトニングには一番オススメです。

歯が黄色いのが気になっていて歯に優しくホワイトニングをしたいのであればプレミアムブラントゥースをぜひ試してみてください。

詳しい情報を公式サイトでチェックする!

歯が黄色いのが気になるなら試してみて

歯が黄色いのを白くする方法はいろいろあります。

しかし、その中でもプレミアムブラントゥースは歯にダメージを与える事なく、優しくホワイトニングする事が出来ます。
これは、歯医者さんでのホワイトニングやステインリムーバーと比べても大きなメリットですよね。

僕自身も黄色い歯が気になって色んな方法を試しましたが、やっぱりプレミアムブラントゥースが一番オススメ出来ます。

歯医者さんのホワイトニングに比べたら時間がかかりますが、その分歯に優しいので安心出来ます。
歯は生え変わる事がないので大事にしたいですし、歯が黄色いのも見た目が悪い・・・そんな両方の悩みを同時に解消してくれるのがプレミアムブラントゥースだと思います。

そして、歯への着色は毎日の生活でどんどん蓄積してくので出来るだけ早い段階でホワイトニングをするのがオススメです。
極端に言えば今すぐにでも始めたほうが良いと思います。

歯が黄色いのに悩んでいる方はまずはプレミアムブラントゥース公式サイトをチェックだけでもしてみてください。

プレミアムブラントゥース公式サイトには歯が黄色くなってしまう詳しい原因、ホワイトニングに関する情報、商品の情報や実際に使ってみた方の感想など歯が黄色いので悩んでいる方に役立つ情報がたくさんあります。

歯が黄色いので悩んでいる方はまずは一度プレミアムブラントゥース公式サイトをチェックしてみるのがオススメです!
あなたも白い歯で素敵な毎日を送っちゃいましょう!!

プレミアムブラントゥース公式サイトはコチラ

プレミアムブラントゥースはこんな使い方もできる

ココナッツオイル
プレミアムブラントゥースは実は歯が黄色いのを白くするだけに使えるわけじゃありません。

実はオイルプリングに使う事が出来るんです。
オイルプリングというのは口の中にココナッツオイルなどを含んでうがいする事を言います。
オイルプリングは海外セレブもやっているという事で少し前にブームになりましたよね。

そんなオイルプリングを実はプレミアムブラントゥースでする事が出来るのです。

プレミアムブラントゥースにはオイルプリングでも使われるココナッツオイルなどのオーガニックオイルがたくさん含まれていてオイルプリングにもピッタリなんです。

プレミアムブラントゥースでオイルプリングをすると口の中の細菌を減らす事ができ、虫歯やお口の中のトラブルを防止する事が出来ます。
また、飲食で歯に色素が付着しにくくなるので歯が黄色くなるのを防いでくれる効果もあるのです。

ホワイトニングだけじゃなくオイルプリングまで出来てしまうなんてプレミアムブラントゥースはお得だと思いませんか?

オイルプリングなどの詳しいやり方については公式サイトをチェックしてみてください。

優しくホワイトニングするのが大事

歯が黄色いのは物凄く気になりますよね。
歯が黄色いと人から嫌われたり避けられてしまう可能性があるのでその気持ちはよくわかります。

だからついつい歯が黄色いのを早く解消しようとしてステインリムーバーを使ってしまったりネット上で買えるホワイトニングセットを使ってしまう人がいます。

ステインリムーバーやホワイトニングセットを使えば確かに歯が黄色いのを白くする事が出来るかもしれません。
しかも、これらのアイテムを使えば比較的短い期間で歯が黄色いのを白くする事が出来ます。

でも、やっぱりステインリムーバーやホワイトニングセットを使ってしまうと歯にダメージを与えてしまいます。
歯が黄色いのを白くするために歯を削ってしまったり薬品によって歯をもろくしたりなど健康な歯を傷つけてしまいます。

歯を傷つけてしまうと虫歯の原因になったり歯が欠けたり折れやすくなるなど口の中のトラブルの原因になってしまいます。

そして歯は二度と生え変わる事がないのでもしトラブルが起きてしまうと抜歯したりインプラントを入れる事になってしまうかもしれません。
治療には痛みも伴いますし、お金だってかなりかかります。

なので、歯が黄色いからといって安易にホワイトニングを試すのではなく歯に優しく歯が黄色いのを白くする方法を試してみるのがオススメです。

一度、歯が傷ついてしまったらいくら後悔しても遅いですからね。

優しくホワイトニングする方法はコチラ

ホワイトニングは早めに

お茶
歯が黄色くなる原因は毎日の飲食です。
毎日食べているものが歯を少しずつ黄色く着色していきます。

でも、歯が黄色くなるのが嫌だからといってご飯を食べるのをやめたり飲み物を飲まないなんていう事は出来ませんよね。
だから、何もしなければどんどん歯が黄色くなっていくわけです。

しかも日が経てば経つほど着色が蓄積して歯が黄色くなっていきますし、それだけ歯が黄色いのを白くするのが難しくなったり時間がかかってしまいます。

なので、なるべく早い段階で歯が黄色いのを白くしたほうがいいわけです。

少しでも歯が黄色いのが気になったのであればすぐにでもホワイトニングを始めるのがオススメです。

ホワイトニングだけじゃなくて予防も大切

歯が黄色いのを白くするのも大切ですが、そもそも歯が黄色くなるのを予防する事も大切です。

歯医者さんでのホワイトニングやステインリムーバーなどは「歯が黄色いのを白くする」事は出来ても予防する事は出来ません。一度、歯が白くなったとしてもその後も普通に生活していればまた歯が黄色くなります。

もちろん、この記事で説明したように毎日の歯ブラシでは歯が黄色くなってしまうのを予防する事は出来ません。

でも、今回紹介したプレミアムブラントゥースは歯が黄色くなってしまうのを予防する事が出来ます。
プレミアムブラントゥースにはウーロン茶ポリフェノールをはじめとする歯への着色を抑えてくれる成分が含まれています。

これによって歯に食べ物の色素が着色してしまうのを防止する事が出来るのです。
つまりプレミアムブラントゥースを使い続ければ歯が黄色くなりにくくなるのです。

プレミアムブラントゥースは歯が黄色いのを白くする事も予防する事も出来ます。つまり、プレミアムブラントゥースを使えばもう歯が黄色い事に悩まされる必要はないのです!

ネットで話題の危ないホワイトニング方法

重曹
インターネットで「ホワイトニング」と調べると家にある身近なものを使って歯が黄色いのを白くする方法が出てきます。

例えば、こんな歯が黄色いのを白くする方法が紹介されています。

・激落ちくん(メラミンスポンジ)で黄色くなった歯を磨く
・重曹で歯磨きする

この2つの方法ですが、どちらも絶対に試しちゃダメなホワイトニングの方法です。
歯に大きなダメージを与えてしまうとっても危険な方法なのです。

激落ちくんで歯が黄色いのを白くする方法はステインリムーバーと同じで歯の表面(エナメル質)を削る事によって歯を白くする方法です。
激落ちくんにはメラミンというかなり強力な研磨剤が含まれているので歯が黄色いのを一瞬で白くする事が出来ますが、健康な歯も一緒に削れて行きます。

ステインリムーバーと同様に知覚過敏になってしまったり歯の表面に傷がついて虫歯の原因になる可能性があります。

重曹で歯磨きをして歯が黄色いのを白くする方法も同様で、重曹を研磨剤代わりに使います。
しかし、こちらも重曹の粒子によって歯が削れてしまい歯に大きなダメージを与えてしまいます。

いずれの方法も手軽に歯が黄色いのを白くする事が出来るとネット上では紹介されていますが、絶対に試してはいけない方法なので注意して下さい。

取返しの付かない事になってしまいます。

優しくホワイトニングする方法はコチラ

海外ではホワイトニングするのが普通

口
日本では歯のホワイトニングというのはあまりメジャーではないと思います。
一部の人は歯が黄色いのを気にしたりホワイトニングをしますが、多くの人はホワイトニングにそこまで関心はないと思います。

しかし、アメリカなど海外では違います。

アメリカでは歯が黄色いのは不健康の象徴であるとされています。
歯が黄色いと就職で不利になる事もあるそうです。
それくらい歯が黄色いのはアメリカでは敬遠されているのです。

なのでアメリカの人は定期的に歯医者さんに通い歯が黄色いのをホワイトニングしたりするようです。

また、アメリカのドラッグストアやスーパーに行けばわかりますが自宅で簡単に歯が黄色いのを白くできるホワイトニングキットなどもかなりの種類が売られています。

また、この記事で紹介しているプレミアムブラントゥースもアメリカをはじめとする世界5ヵ国で売り上げNo.1を獲得しています。

ブラントゥース

日本ではまだまだホワイトニングという文化は根付いていませんが海外では違うのです。
アメリカ人のように真っ白な歯である必要はありませんが、やはり歯が黄色いよりは白いほうが良いと思うので歯が黄色いのを白くするホワイトニングにぜひチャレンジしてみてください。

まずはチェックを!!

というわけで、ここまで歯が黄色い事のデメリットと歯を白くする方法について説明しました。

いかに歯が黄色い事がデメリット、そしてマイナス要素であるかという事がわかって頂けたと思います。
また、様々なホワイトニング方法のデメリットについても理解して頂けたと思います。
でも何よりも重要なのは自分の歯の色を今すぐ鏡でチェックしてみる事です。

そして歯が黄色いのであれば早いうちに歯を白くするのがオススメです。
歯が黄色いままにしておくと人から避けられてしまったり恋のチャンスを逃してしまうかもしれません。

本当に歯が黄色いだけで人生損しますよ

「歯のホワイトニングに興味が出てきた」「自分でホワイトニングしてみたい」なんていう人はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。
もっと詳しくて専門的な情報や口コミなんかも見れちゃいます。

皆さんも白い歯で素敵な毎日を送りましょう!!

プレミアムブラントゥース公式サイトはコチラ

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。
好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)
20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。
というわけで、恋の経験値は高めです。
自分の経験を基に色々な記事を書いていきますので是非読んでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする