【正直に話す?】ネットで出会った恋人を紹介する時のオススメな説明5選【ネットで出会い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネット

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

僕は以前「ネットでの出会いってあり?なし?」という記事を書きました。
そして、僕自身はネットでの出会いは「あり」だと思っています。

だって、SNSが発達した現代ってネット上で人と交流したり仲良くなるっていうのは当たり前ですし、そんな中で恋愛感情が芽生えないっていうほうが不自然だと思いますからね。その辺についても以前の記事に詳しく書いてあります。

でも、やっぱりネットで出会って恋人になった人を友達や家族に紹介するのってなんか不安だったりしませんか?
人に紹介すれば必然的に「どうやって出会ったの?」「どこで知り合ったの?」って聞かれちゃいますよね。

正直にネットで出会ったって言えば・・・

「ネットで出会ったとか大丈夫なの?
変な人じゃないの?」

と言われるのが不安だったり・・・

「ネットで出会うとかコイツ気持ち悪い
「ネットで恋人探すような人だとは思わなかった」

なんて思われるのが不安だったりしますよね。

人とネットで出会う事が当たり前な世の中でもネットで恋人を作ったりする事に大しての人々のイメージはどうしても悪いままなんですよね。

この記事では、そんなネットで出会った恋人を人に紹介する時にオススメな説明を5つ紹介します。
あなたの大切な人を紹介する時に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも正直にネットで出会ったって話すべき?

合コン 連絡先
オススメな説明の仕方を紹介する前に、そもそもネットで出会った人を紹介する時に「ネットで出会った」と正直に説明したほうがいいんでしょうか。

確かに、人として嘘をつかないで正直でいる事は重要な事だと思います。
嘘はつかないほうが良いですよね。

ただ、世間的にはネットで恋人を作るって事はまだまだ理解され辛いものです。
なので正直に話してしまえば嫌な事を言われてしまったりして嫌な気分になるかもしれません。もしかしたら、大切な恋人について酷い事だって言われるかもしれません。

そうなるリスクを考えれば、正直にネットで出会ったと言う必要は僕はないと僕は思います。

説明①:合コンで知り合った

合コン
一番当たり障りのない説明として最もピッタリなのが「合コンで知り合った」という説明だと思います。
合コンなんて多くの人が経験してますし、日常茶飯事です。

さらに合コンって基本的に見ず知らずの人と知り合う為の飲み会なのでネットでの出会いに一番近いと思います。
合コンとネットでの出会いってリアルかネットかっていうくらいの違いしかないですよね。

合コンで知り合ったという説明は一番、当たり障りが無いと思います。

説明②:声をかけられた or かけた

赤い糸
これも当たり障りのない説明ですが「声をかけられた or かけた」という説明です。
いわゆる、ナンパで知り合ったという説明です。

知り合ったキッカケがナンパっていうカップルも僕の周りには結構いるので安心して使える説明だと思います。

ただし、この説明が使えるのは普段からナンパされそうな人やナンパしそうな人限定です。
そういう雰囲気がない人が使うと不自然になってしまうのでやめておいたほうが良いですね。

説明③:気が付いたら仲良くなってた

デート
ライブやフェスなどのイベントやバーなんかで気が付いたら隣の人と仲良くなってた!!・・・みたいな事って結構あったりしませんか?

そんな感じで「ライブに行ったときに、たまたま近くにいて・・・」みたいな感じで説明するのも出会いのキッカケとしてはとっても自然です。

説明④:趣味が一緒で・・・

ボルタリング
趣味が一緒で共通の趣味のイベントやオフ会で知り合って仲良くなったという説明もオススメです。

特定の趣味があるのならそういうイベントで誰かと出会うのは自然な事です。

また、趣味に関するオフ会に参加してそこで出会うっていうのも表現は違いますがネットでの出会いって言うのを遠回しに相手に伝える事が出来ます。
そして、受け取る側も単純に「ネット出会って付き合った」よりも「趣味を通してネットで知り合って付き合った」というほうがネットの出会いへ対する悪いイメージを抱きにくくなります。

説明⑤:友達の紹介

最後に紹介するオススメの説明は一番ベタかもしれないですが「友達の紹介」です。

リアルで人と出会うって友達の紹介ってかなり多いと思うので物凄く自然ですよね。
友達の紹介だと「友達って誰?」みたいに聞かれる事もあるかもしれないので友達の友達から紹介して貰った」みたいな感じにしておくといいかもしれません。

出来るだけ接点がない説明をしよう

ここまでネットで出会った恋人を人に紹介する時のオススメな説明の仕方を紹介しました。

全ての説明に共通して言える事ですが、ネットで出会った人を紹介する時は出来るだけ接点がない説明をするようにしましょう。説明する相手と繋がりがある説明(例えば相手と自分の共通の友達から紹介された)だと本当の出会ったキッカケがバレてしまう可能性があります。
それだけ注意すればあとは大丈夫だと思います。

親しい人や友達に嘘をつくのは罪悪感を感じてしまったりすると思いますが、波風を立てない為にもネットで出会った人を紹介する時はこの記事を参考にしてみてくださいね!

ネットでの出会いはあり?なし?

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。
好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)
20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。
というわけで、恋の経験値は高めです。
自分の経験を基に色々な記事を書いていきますので是非読んでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする