顔脱毛

【常人には理解不能!】破天荒なアートに触れるデートもあり!?養老天命反転地に行ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
養老天命反転地

こんにちは、kaya(@kaya_futaride)です。

みなさん、アクティブなデートお好きですか?
お洒落をして素敵なカフェに行くデートもいいですが、せっかくのいい天気だったら外で元気にデートするのも楽しいですよね。

アクティブなデートをすることでパートナーのいつもと違う服装だったり楽しくはしゃいでいたりする姿が見れたら、新たな一面を発見できて惚れ直してしまうかもしれません。

そして、そんなアクティブなデートにおすすめなのが、岐阜県養老町にある養老天命反転地です。

養老天命反転地っていう名前からして「なにこれ!?」という感じですが、実際に行ってみるとただの公園とは違う意味不明(失礼!)なアートの空間

「なにこれ~~~!?!?」

とデートで盛り上がること間違いなし!

養老天命反転地とは?


養老天命反転地は、岐阜県西南部・西美濃の養老山麓に位置する、自然豊かな養老公園の中にある施設です。

養老天命反転地は、世界的に有名なアーティストである荒川修作とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できる広大なアート空間となっています。

養老公園の中にある施設とはいえ、まっすぐな道はほとんどありません。養老天命反転地では、平衡感覚や遠近感を揺さぶって子どもの状態に戻し、知覚を再構成するように計算されているのです。

アートを感じさせる養老天命反転地のお洒落なチケットは大人750円(小中学生300円/高校生500円)と少し高め。とはいえ、世界的な有名人のアートが見れる美術館だと思えば相応の値段です。

また、養老天命反転地は作品の構造上ケガをする可能性もあるため、入場口でヘルメットや運動靴の貸し出しが行われています。

開園当初はケガ人が相次いだそうですが、荒川氏は「案外少ないな!」と平然としてたそうです。

…え!?

常人には意味不明なコンセプト


養老天命反転地の「天命反転」とは “死から逃れることのできない人間の運命を反転させる装置”という意味です。そして天命を反転させる実験場こそが、この天命反転地なのです。

…正直、常人には理解不能ですが、養老天命反転地のユニークで刺激的なコンセプトは開園当初から多くの観光客を集めています。

また、そもそも常人には理解不能なのは当然です。

なぜなら、養老天命反転地を構想した荒川修作異次元エピソードを多数持ち合わせているような天才肌の芸術家だからです。

例えば、NYでボブ・ディランと暮らしていた頃、荒川がディランのことを認めないため「俺、結構有名なミュージシャンなんだ」と渡した全レコードを「音楽なんでクソだ」と全て投げ捨てたり(…うそでしょ?)、某ホールの完成記念講演で「こんなひどい建物は今すぐ壊したほうがいい」と言い続けて場を震撼させたり(ひぇ~)などといった有名なエピソードがあります。

まさに天才とキチガイは紙一重だということを具現化したような人物なのです。

よく分からない摩訶不思議な作品

では、ここからは養老天命反転地の中のアート作品や空間をいくつかご紹介します。

ものすごい傾斜の中を歩いていたのであまり綺麗に撮影できなかったのが悔やまれます…

養老天命反転地記念館-養老天命反転地オフィス


十二単の羽衣を着た天女が空から舞い降りたかのような色鮮やかな建物の内部です。外壁の24色はすべて内部にも反映されています。

養老天命反転地オフィスの中は迷路のようになっており、かなり気を付けて歩かないと危険なくらいのきつい傾斜です。普通にぼさっとしてたら足をくじくと思います。

デートの際は女の子が転ばないように手を引いたり荷物をもってあげるといいです。

極限で似るものの家


岐阜県の形をした屋根が特徴の建物です。内部は狭い迷路のようになっていて、たくさんの家具がちりばめられています。

天井部分は1階部分をそのまま反転した世界が広がっているので不思議な感覚になります。

また、気を付けて欲しいのが建物の周りに点在している

足場のない筒状の穴で深さもかなりあるので、冗談抜きで落ちたら絶対にあがってこれません。

チェーンは半周ほどしかないので、本当に気を付けてください。落ちたら係員を読んでロープでひっぱりあげてもらうしか脱出方法ないと思います…

次のページへ

関連記事

kaya
20代半ばの巨乳です。嘘です。 倒産目前の零細企業でWebマーケティングのお仕事をしながら、恋愛メディアを運営者しています。モテた方が人生は100倍楽しい!!モテるようになるための恋愛・美容情報を発信していきます♡今よりもっと恋愛を楽しんでもらえたら嬉しいな♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする