顔脱毛

【夜景デート】六甲山の超穴場夜景スポット「鉢巻展望台」六甲山で夜景ならココが一番!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、kaya(@kaya_futaride)です。

ロマンティックなデートに欠かせないのが夜景ですよね!

夜景デートは夜のデートの定番です。市街地の光はロマンティックだし、薄暗いのでスキンシップをとりやすいので夜景デートは最高です!

そんな夜景デートの中でも今回は日本最大夜景のひとつである神戸の六甲山の穴場夜景スポットである鉢巻展望台をご紹介します。

鉢巻展望台とは

鉢巻展望台
鉢巻展望台は表六甲ドライブウェイにある展望台です。ちょうど六甲山の中腹にあります。
六甲山の夜景観賞スポットの中では一番アクセスが良く、阪神高速摩耶出入口から約30分で行けます。

鉢巻展望台からは、六甲アイランドや大阪方面を中心とした夜景を見ることができます。

展望台自体は特に何もありませんが、街灯があるので真っ暗ではなく安心して夜景を楽しむ事が出来ます。

六甲山の山頂までいけばお洒落な展望テラスやレストランお土産を買うスポットなどもありますが、鉢巻展望台なら夜景だけに集中ることができます。

鉢巻展望台には駐車場もちゃんと用意されており、約20台くらいは停めれます。

鉢巻展望台がオススメな理由①:近い

山道
鉢巻展望台は、六甲山からの夜景を鑑賞できるスポットの中では一番アクセスが良い場所にあります。

六甲山で夜景を見るには夜の山道を運転する必要があります。でも、夜の山道は真っ暗なので慣れていない人にはかなり危険です。特に六甲山は狭い道や急カーブなど危険な箇所がたくさんあります。

そんな山道を大切な人を乗せて運転するので、ドライバーは疲れてしまいます。
なので、同じような綺麗な夜景が見れるのであれば近い方がいいに決まっています。

鉢巻展望台がオススメな理由②:綺麗に見える確率が高い

霧
六甲山からの夜景は地形的に霧の影響を受ける事が意外と多くあります。
実際に私が六甲山の山頂に夜景を見に行った日は、濃霧で全く何も見えない状況でした。

山の天気は変わりやすいの仕方ない事かもしれませんが、せっかく夜景を見に行って何も見えないのは悲しすぎますよね。

しかし、鉢巻展望台は六甲山の山頂展望台など他の展望台よりも標高が低いため、濃霧の影響をあまり受けずに夜景を鑑賞することができる貴重な展望台なのです。なので、綺麗な夜景を絶対に見たいというカップルにはおすすめです。

鉢巻展望台がオススメな理由③:駐車場が無料・近い

鉢巻展望台
六甲山の山頂にある展望台は駐車料金が500円ほどかかりますが、鉢巻展望台はなんと無料なんです。綺麗な夜景が見える展望台なのに駐車料金が無料というのは、お得感があっていいですよね。

そして、大抵の展望台は駐車場から離れた展望台まで歩いたり階段を上ったりしないといけないのですが、鉢巻展望台は駐車場のすぐ目の前に展望台があるのです。
暗い道を歩く必要もないのでとっても楽ですよね!

鉢巻展望台がオススメな理由④:臨場感がある

夜景は高い所から全体を見れた方がいいじゃん!と思う人もいるかもしれませんが、意外とそうでもないって知ってましたか?

確かに高い所からの夜景を見るのも綺麗ですが、ある程度距離が近いところから見る夜景は臨場感があってとても素敵なのです。

鉢巻展望台は六甲山の中腹に位置しているので、臨場感が溢れる市街地の夜景を鑑賞することができます。

そして、臨場感のある夜景はインスタ映え抜群です。
鉢巻展望台はライトアップされているため、夜景を背景にしながら自分達も明るく撮るという難易度高めの自撮りもしやすいんですよ!

六甲山からの夜景は鉢巻展望台がオススメ

神戸
というわけで、六甲山からの夜景を見るのであれば鉢巻展望台がオススメです。

夜景がきれいに見れるのに、近くて、しかも無料という鉢巻展望台は六甲山にある数々の展望台の中でも夜景観賞にはベストポジションだと思います。

六甲山にドライブデートに行く方や夜景を見に行く方は、ぜひ鉢巻展望台に行ってみてください!

詳細情報

スポット名:鉢巻展望台
住所:神戸市灘区六甲山町南六甲
営業時間・定休日:常時開放中(荒天時や降雪時など閉鎖の場合あり)
駐車場:あり

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター kaya)

関連記事

kaya

20代半ばの巨乳です。嘘です。 倒産目前の零細企業でWebマーケティングのお仕事をしながら、恋愛メディアを運営者しています。モテた方が人生は100倍楽しい!!モテるようになるための恋愛・美容情報を発信していきます♡今よりもっと恋愛を楽しんでもらえたら嬉しいな♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする