【はとバスデート】デートのついでに観光も?はとバスでデートしてみない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はとバス

こんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

みなさんは、はとバスってご存知ですか?
黄色いバスがトレードマークのはとバスは東京都ではかなり目にするのでご存知の人も多いと思います。

でも、はとバスが実はデートにぴったりというのを知っている人は少ないと思います。
「はとバス!?デート!?」となる人もいるかもしれませんが・・・実は、はとバスはデートにもピッタリなんです。

はとバスなら自分で運転しなくてもドライブデートが楽しめますし、魅力的な観光地にも手軽に行けます。さらに、大人になると観光バスに乗るという機会も減ってくるのでデートではとバスに乗ってみると新鮮で楽しいんですよ。

今回は、はとバスに乗って実際にデートをしてみたので、その魅力をご紹介します。

はとバスとは?

はとバス
はとバスは1948年に創業したバス会社です。
かなり有名なので乗った事があるという人も多いかもしれません。
また、東京に住んでいる人ならほぼ全員がどこかで黄色いはとバスを目にした事があると思います。

はとバスでは様々なバスツアーが毎日行われており、東京都内を1時間ほどで巡るバスツアーや1日かけて千葉、栃木、静岡など様々な場所の観光スポットを巡るツアーなどがあります。

他にもクルーズとセットになったツアー、東京スカイツリーに登るツアー、夜景を見に行くツアーなどもあります。

そんな中でもデートにおすすめしたいのが東京の観光名所を1時間ほどで巡る「TOKYOパノラマドライブ」です。
このツアーは屋根がないオープンバスでのツアーとなっており、気持ちいい風を感じながら東京の観光名所を巡る事ができます。
夕方や夜の出発時間を選べば夜景を楽しむこともできるので、デートにもぴったりなんです。

また、国会議事堂や皇居など普段東京に住んでいてもあまり目にすることのない観光スポットを巡るので改めて東京を知ることもできるんですよ。

今回はこの「TOKYOパノラマドライブ」で実際に、はとバスデートをしてきました。

予約は電話orWEBor現地で

はとバスに乗るには事前の予約がおすすめです。予約は電話もしくはWEB(前日まで)から行えます。さらにはとバスの営業所で申し込むこともできます。

また、TOKYOパノラマドライブのように1時間ごとに出発するタイプのツアーであれば、予約をせずにはとバスの営業所で申し込んでもOKなようです。ただし、夜景を見るツアーなど人気のツアーは早めに予約で満席になってしまう事もあるようなので予約をしてから行くのがおすすめです。

はとバスに乗ろう

今回僕は、当日に電話で予約しました。土曜日に乗ったのですが「TOKYOパノラマドライブ」についてはどの時間でも空席があったので、直接営業所で申し込んでも乗れると思います。

はとバスに乗るにはまずは、はとバスの停留所がある東京駅に行く必要があります。東京駅についたら丸の内南口から出ます。丸の内南口から出たら左手に進みましょう。

はとバス
左手に進むとはとバスの黄色いバスがたくさん停まってるのが見えてくると思います。これが、はとバスの停留所です。

はとバス
そして、停留所の前の高架下には、はとバスの営業所や待合室、トイレなどがあります。

はとバス
停留所についたら、はとバスの営業所に行ってバスの代金を支払いましょう。電話やインターネットで予約した場合は予約番号が必要になりますのであらかじめ用意しておきましょう。

はとバス
代金を支払うとバスのチケットが貰えます。チケットにはバスへの乗車時間を描いて貰えますので、この時間になったら停留所に行ってバスに乗りましょう。ちなみに「TOKYOパノラマドライブ」は一人1800円です。

チケットを手に入れたら待合室でバスの出発時間まで待ちましょう。

はとバス
そして、時間になったらバスに乗りましょう。こちらが今回乗るオープンバス「O Sola mio(お空見よう)」です。2階建のバスで(1階部分は乗れません)屋根のないオープンタイプのバスです。雨が降った場合はレインコートの配布もしくは屋根を閉めてくれるそうです。はとバスは指定席なのでチケットに書かれている席に座りましょう。

はとバス
席についてみるとオープンバスなので、あるはずの屋根がありません。空がしっかり見えます。

はとバス
また、夏場は乗車する時に冷却シートも貰えます。嬉しいサービスですね。

はとバス
座席のポケットには乗車時の注意事項と・・・

うちわ
うちわが入っています。オープンバスなのでエアコンが効いておらず、うちわは必須です。

ドライブスタート!

出発の10分前にバスに乗車して待っているとバスガイドさんが乗ってきて定刻通りにバスが発車しました。
「TOKYOパノラマドライブ」は時間も短く料金も安いのでバスガイドさんは乗ってこないと思っていたのでちょっと意外でした。
ビル群
バスは東京駅前を出発すると東京のビル群の谷間を抜けていきます。屋根がないのでビルを見上げる事ができます。いつも見てる何気ない景色ですが迫力がありますね。

国会議事堂
そして、皇居を抜け、日本の政治の中心でもある国会議事堂の前を通過します。今回のツアーは基本的に車窓から景色を見る感じなのでゆっくり写真を撮る時間があまりありませんでした。

虎ノ門ヒルズ
国会議事堂の後は官公庁街を抜けて虎ノ門ヒルズを通過します。虎ノ門ヒルズも迫力満点でした。

東京タワー
虎ノ門ヒルズを通過してしばらく走り続けると東京のシンボルでもある東京タワーが見えてきます。

東京タワー
バスは東京タワーの真横を走り抜けるので東京タワーも間近から見上げれます。東京タワーを見上げて見れるのもオープンバスならではですね。

また、ガイドさんが要所要所で「東京タワーの色は垢ではなく、インターナショナルオレンジなんです」というような解説をしてくれるので東京に関する知識が深まります。

はとバス
東京タワーをすぎるとバスは高速道路に乗ります。オープンバスなので高速道路では心地いい風が感じられました。とっても気持ちよかったです。

レインボーブリッジ
バスは高速道路をお台場方面に向かって走ります。そして、レインボーブリッジを渡ります。レインボーブリッジもバスの屋根がないのでこんな感じでしっかりと見る事ができます。普通のドライブではこんな景色見れませんよね。

はとバス
お台場では建設中のオリンピックの競技場を見る事ができました。

豊洲市場
さらに何かと話題になっている豊洲市場の前も走ります。豊洲市場は人がいなくてひっそりとしていましたがバスガイドさんが言うには1日あたり500万円もの維持費がかかっているそうです。

勝鬨橋
豊洲市場の次は、バスは勝鬨橋を渡り・・・

歌舞伎座
歌舞伎座の前を通過します。

銀座
そして、最後に銀座を走り抜け再び東京駅に戻ってきました。

このように「TOKYOパノラマドライブ」では東京の代表的な観光名所をバスに乗りながら巡る事ができます。途中で降りる事はできず、車窓から景色を見る感じになってしまいますが要所要所でガイドさんが詳しく説明してくれるので「そうなんだ〜」という新しい発見ができました。

また、東京に住んでいてもなかなか足を運ばないような場所にも行く事ができました。

デートにもピッタリ

はとバス
今回は実際にはとバスに乗ってデートをしてみましたが、間違いなくはとバスはデートにおすすめできます。

まず、「はとバス」という普段なかなか乗らないバスに乗ることでテンションが上がったり盛り上がります。また、普段あまりしっかりと目にする事のない東京の景色や観光名所を見たりガイドさんの話を聞くと「そうなんだ〜」とデートの会話が弾みます。

自然と「今度東京タワー登ってみる?」というような会話にも繋がるので付き合う前のデートにもおすすめかもしれません。特に今回の「TOKYOパノラマドライブ」は上京してきたばかりの人や東京に住んでる期間が短い人なんかとのデートに誘うと喜んでもらえるかもしれません。

さらに、車の運転に自信がない人や免許を持っていない人でも、はとバスならドライブデート気分を味わえるのでおすすめです。

はとバスでは、これ以外にも夜景が楽しめるバスツアーなどデートにピッタリなツアーも用意されているのでチェックしてみてくださいね!

はとバスの公式サイトはこちら!

オープンバスの注意事項

大迫力の形式が楽しめるオープンバスですが、一つだけ欠点があります。それは、夏は暑く冬は寒いという事です。特に夏場は日光を遮るものがないのでかなりの暑さになります。特にバスが走行中は風が入ってきて涼しいのですが、信号待ちなどはかなりの暑さとなります。

日傘などはもちろん使えないので日焼け止めを塗ったり水分補給をするなど暑さ対策が必要です。

おすすめ記事はコチラ!

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする