【お手軽フレンチ】高級フレンチがお手頃価格で!俺のフレンチ 人形町店【人形町】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オマールエビ

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

みなさんにとってフレンチってどんなイメージがありますか?
フレンチっていうと高級で敷居が高いイメージがありますよね。

普段のデートで食事をする時でもフレンチのお店ってあんまり行くことはないんじゃないでしょうか。
フレンチのお店は誕生日クリスマスなど特別なデートの時に行く人が多いと思います。

そんなフレンチをもっと手軽に、身近に楽しめるお店があります。

それが俺のフレンチです。

俺のフレンチはお手頃価格で高級食材を使った料理が楽しめるということでかなり有名なので知っている人も多いと思います。
今回はそんな「俺のフレンチにデートで行くのは有りなのか」ということを確かめるべく、実際に行って来ました。

俺のフレンチと言えば予約を取りにくいことでも有名ですが、直前でも予約が取れるちょっとした裏技もご紹介しちゃいます!

デートで俺のフレンチに行こうか迷っている人はぜひチェックしてみてくださいね!

俺のフレンチとは


俺のフレンチは数年前から関東を中心に展開されているフレンチのレストランです。高級食材を使った本格フレンチがお手頃価格で楽しめるということでとにかく大人気のお店です。

他にも「俺の〇〇シリーズ」として俺のイタリアンや俺のスパニッシュ、俺の焼肉・・・なんていう様々なジャンルのお店が登場しています。そして、どのお店でも共通して言えるのが高級食材が「本当にこの値段でいいの?」というような超お得な価格で楽しめるということです。

例えば、俺のフレンチで一番有名な高級食材のフォアグラをふんだんに使ったフォアグラのロッシーニはなんと1980円という信じられない値段で食べれちゃうんです。ホテルや他のフレンチのレストランで頼めば5000円以上はするであろう料理がたったの1980円なので驚きですよね。

しかし、実は高級食材が低価格で楽しめるのには理由があります。それは徹底的なコストカットがされているからなんです。

店内
まず、席の時間は2時間と決められています。さらに、店内は狭く隣の席との距離も近くなっています。これはできるだけ回転率をあげて収益をあげるための工夫です。

ソファー席
ソファー席も有りますが、あんまり長い間くつろげる感じではありません。また、カウンター席も用意されています。

キッチン
オープンキッチンになっているのでカウンター席に座れば目の前でシェフが調理するのを見ることもできます。臨場感があって楽しいですよ!

また、メイン料理などのメニューを注文できるタイミングも決まっており全員が一緒に注文して全員が一緒のタイミングで料理が提供されます。これもできるだけ効率を高めるためみたいですね。

さらに、やたらとドリンクを勧められたり追加料金がかかるトッピングなどが勧められます。

なので、ぶっちゃけてしまうと普通のフレンチレストランを想像していると少しガッカリする事になると思います。一般的なフレンチレストランに比べると空間や接客面でどうしても劣る部分があると思います。

しかし、高級食材を使った美味しいフレンチが超お手軽価格で楽しめるので、そこについては割り切るしかないと思います。

ちなみに、デートでも記念日などではなく普通にご飯を食べに行く感じや居酒屋で飲むようなシチュエーションでは十分使えると思います。

俺のフレンチのメニュー

俺のフレンチのメニューはとってもシンプルでわかりやすいメニューになっています。
フードメニュー
こちらが、フードメニューです。
フードメニュー
お酒のおつまみにもぴったりな前菜などのおつまみメニューが豊富に用意されています。しかも、300円台のメニューも有りますし、ほとんどのメニューが1000円以下なのでお財布にも優しくて嬉しいですよね。

また、俺のフレンチ人形町店限定でガレットも用意されています。

フードメニュー
そして、こちらがメインディッシュのメニューです。俺のフレンチの定番メニューでもある牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニやオマール海老のローストなど高級食材を使ったメニューが並びます。しかし、ほとんどが1000円台のメニューとなっているので驚きですよね。

お肉料理以外にも魚料理もちゃんと用意されています。
日替わりメニュー
さらに、その日おすすめなメニューや限定メニューなどが黒板に書かれていたりもするので俺のフレンチに行った際にはチェックしてみてくださいね。

ドリンクメニュー
そして、こちらがドリンクメニューです。ワインからビールまで一通りのドリンクが揃っています。

ワインメニュー
特に俺のフレンチではワインにも力を入れており、専属のソムリエが厳選したワインや俺のフレンチオリジナルのワインなどが楽しめます。

ぶどうジュース
また、ワインが飲めない人でも雰囲気が味わえるようにワインに使われるぶどうを使ったこだわりのぶどうジュースなんかも用意されていたりしますよ。

高級食材をお手頃価格で

ここからは実際に注文した商品をご紹介していきます。
白ワイン
まず、最初にドリンクの白ワイン(680円)と・・・
ぶどうジュース
赤ワイン・・・ではなく、ワインに使われているぶどうで作られたぶどうジュース(480円)が運ばれてきました。

チーズ
一緒にアミューズ(お通し,300円,写真は2人分)のチーズも出てきました。
ワイン
ぶどうジュースですが、チーズと一緒に並べればそれっぽく見えません?笑

肝心の味ですが、ぶどうジュースは普通のぶどうジュースに比べてちょっと甘さ控えめで渋みを感じました。チーズのほうは普通に美味しいですね。ただ、これで300円は少し寂しいかもしれません・・・

宝石箱
次に冷製の前菜として海の幸と野菜の宝石箱(880円)が出てきました。こちらには+300円で付けれるオプションのうにも付いています。

宝石箱
宝石箱は野菜を裏ごししてムース状にしたものを三段に重ねてその上にゼリー状のソース、そして一番上に野菜や魚介類などが盛られた豪華な一品です。

宝石箱
見た目も華やかですが味の方も抜群でゼリー部分は魚介のうまみをたっぷりと感じました。野菜のムースについてはとても滑らかで口当たりがよく、野菜の甘みが引き出されていて、いつまでも食べていたくなるような味です。

ただ、上に盛られている魚介類がいかにも冷凍のシーフドミックス・・・という感じで少し残念でした。うにもそこまで高級なうにではないと思います。

カルパッチョ
次に同じく冷製の前菜の青森産マコガレイのカルパッチョ(780円)が出てきました。

カルパッチョ
定番といえば定番のカルパッチョですが、見た目にも鮮やかでとても綺麗ですよね。肝心の味のほうですが、マコガレイは新鮮そのものでプリッとした歯ごたえが楽しめる一品でした。まわりのバジルソースと絡めて食べても美味しいです。また、バルサミコ酢ともよく合います。

さらに結構なボリュームがあるのでこれで780円はかなりお得だと思います。

生ハム
また、お酒のおつまみにぴったりな生ハムも注文しました!これでもかっていうくらい生ハムが載っていますが、これでいくらだと思いますか?
なんと680円なんです!

この量で680円なんて考えられないですよね。他のお店で生ハムを頼んでも600円台でこれだけの量の生ハムが食べられることなんてそんなにないと思います。

ただ、かなり量があるのでデートで行っても二人で食べきるのはなかなか難しいかもしれません。
ロッシーニ
そして、次にメインディッシュであり俺のフレンチの名物でもある牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ(1980円)の登場です。

150gの牛フィレ肉の上にフォアグラが丸々1個載っている贅沢でワイルドな一品です。世界三大珍味でもあり高級食材でもあるフォアグラを贅沢に使ったメニューなのにも関わらずお値段は1980円です。

フォアグラのロッシーニ
切ってみると中はミディアムレアに仕上げられています。

フォアグラのロッシーニ
と、ここで店員さんがやってきて+300円でつけれるトリュフをおすすめしてきたので注文してみました。トリュフも高級食材で有名ですよね。そんなトルフュを目の前で惜しげも無く削ってたっぷりとトッピングしてくれます。

トリュフがトッピングされたところで改めて食べてみると・・・牛フィレ肉は赤みの食べ応えがあるお肉で牛肉の旨味を強く感じることができました。文句なしに美味しいです。一方でフォアグラのほうはまろやかで濃厚な風味が口の中に広がります。この二つにトリュフの特徴的な風味と香りが合わさると最高の味に変化します。

牛フィレ肉・フォアグラ・トリュフという高級食材を一度にいただける機会なんてそんなにありませんよね。とっても美味しい料理でした。

ただ、一つだけ言うとするとトリュフがそこまで良い物ではないのか、少し風味が弱かった気がします。

オマールエビ
牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニを堪能したあとは魚料理です。今回はカナダ産オマールエビのローストとフランのセット(2460円)を注文しました。

オマールエビ
カナダ産のオマールエビが丸々一匹ローストされています。付け合わせにはフランという茶碗蒸しのような物がついてきます。

オマールエビ
オマールエビはプリプリの身がたっぷりと詰まっています。もちろん爪の部分もありますよ!オマールエビの味の方はまさに「美味しい!」の一言しかありません。

普通のエビに比べて旨味や風味が濃厚で流石オマールエビといった感じです。オマールエビは高級食材なので普段なかなか食べれませんが俺のフレンチなら破格で楽しめるので心ゆくまでオマールエビが食べれます。

付け合わせのフランについてもオマールエビなどの旨味が詰まっており、ぶっちゃけ付け合わせでなくてもこれだけで満足できるような味でした。

いちごのムース
そして、最後にデザートとしていちのムース(450円)を注文しました。こちらのムースもなかなかのサイズなので二人で一つで十分だと多います。

酸味の効いたいちごのムースと比較的甘めなココナッツムースのバランスがぴったりなデザートです。食べる前からわかっていましたが、とっても美味しかったです。

カジュアルデートにはおすすめ!

俺のフレンチ
俺のフレンチは敷居の高いフランス料理や高級食材を使った料理が手軽に楽しめるお店でした。店内は狭く、ちょっと騒々しかったりしますがオマールエビや牛フィレ肉などの料理が破格で楽しめるのでカジュアルデートにはぴったりだと思います。

ただし、記念日や誕生日などはもう少し落ち着いたお店のほうがおすすめなので俺のフレンチに行くのはやめておいたほうがいいと思います。また、俺のフレンチはあくまで「フランス料理を手軽楽しむお店」なので本格的なフランス料理を期待していると少し期待外れになってしまうかもしれません。

カジュアルなデートで気軽に飲みに行くときや、ちょっと美味しいものが食べたい時などに俺のフレンチは利用するといいと思います。

それでも、俺のフレンチはコスパも高く料理に対する満足度も高いのでおすすめです!

俺の〇〇の予約を取りやすくする方法

俺のフレンチ
俺のフレンチをはじめとする「俺の〇〇シリーズ」は人気のお店なので予約が取りにくいことでも有名です。
しかし、ある方法を使うと予約が取れる確率が上がります。

それは人気の店舗を避けると言う方法です。

例えば、俺のフレンチの場合だと銀座や表参道、赤坂など様々な場所に店舗があります。こうした繁華街の店舗は予約が埋まりやすく休日の夜だと1週間前でも満席の場合があります。

しかし、店舗を人形町などにすれば休日でも当日予約が取れます。今回も銀座店で予約を取ろうとしたところ満席だったのですが、人形町店であれば予約が取れました。

このようにあえて予約する店舗を人気の場所からズラすというのも予約を取りやすくするポイントです。

FUTARIDEイチオシ! デートに使えるお店の一覧はコチラ

おすすめ記事はコチラ!

詳細情報

店名:俺のフレンチ 人形町店
住所:東京都中央区日本橋人形町2-2-6 藤井ビル 1F
電話番号:050-5592-5218
営業時間:月~金 16:00〜23:00  土・日・祝 13:00〜22:30
アクセス:人形町A2出口より徒歩1分
最寄り駅:日比谷線 人形町駅
駐車場:なし
公式HP公式サイトはこちら

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする