【本場の味】台湾の味が楽しめる!ゴンチャ(Gong cha)名古屋店【ららぽーと名古屋みなとアクルス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴンチャ

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

タピオカドリンクは日本でも大人気の台湾ドリンクですが、日本でも手軽に飲めるお店が増えてきておりデート中にタピオカドリンクを飲んだことがある人も多いのでは無いでしょうか。

そんなタピオカドリンクの本場、台湾では以前FUTRIDEでも紹介した50嵐(ウーシーラン)が圧倒的に人気なのですが50嵐は台湾以外へはあまり進出していません。

一方で同じく台湾でタピオカドリンク専門店として人気なのがゴンチャ(Gong cha)です。そんなゴンチャはアジアを中心に1500店舗以上展開されており、日本でも原宿など関東を中心に展開されておりどのお店も大行列ができるほどの人気です。

そして、遂にゴンチャ(Gong cha)が名古屋にもやってきました!

この記事ではそんなゴンチャの名古屋店について詳しくご紹介します。

ゴンチャ(Gong cha)とは

ゴンチャ
ゴンチャは2006年に台湾で誕生した台湾ティーカフェです。50嵐(ウーシーラン)に比べると歴史は浅いのですが台湾産のこだわりの茶葉を使った美味しいドリンクが楽しめます。

また、50嵐(ウーシーラン)に比べるとトッピングなども豊富で自分の好きなドリンクを作ることが出来ます。トッピングにはナタデココやアロエなどちょっと変わったものもあります。

そんなゴンチャの名古屋店はオープン以来大人気の商業施設「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に入っています。名古屋の中心地から少し離れていますがゴンチャのタピオカドリンクはとっても美味しいので行く価値はかなりあると思います!

また、ららぽーとでデートをしてデートの休憩タイムにゴンチャでドリンクを飲むなんていう使い方もオススメです!

名古屋には本格的な台湾ドリンクやタピオカドリンクを飲めるお店は今までなかったのでゴンチャが名古屋にできたのはかなり嬉しいですね。

ゴンチャの混雑状況

ゴンチャ
本格的で美味しい台湾ドリンクが楽しめるゴンチャは名古屋でもやっぱり大人気です。出来たばかりということもありますが購入するまでに少しだけ時間がかかります。

実際にららぽーと名古屋にあるゴンチャに行ってみましたが店舗の前は写真のように列が出来ていました。
ゴンチャ
しかも、行列はお店の前ではなく少し離れた場所にも出来ていました。これは行列の最後尾から撮影した写真で行列の先にゴンチャのお店があります。

しかし、ゴンチャはタピオカドリンクなので作るまでの時間が短く、これだけ並んでいても30分ほどでドリンクを手に入れることができました。休日など混んでいる時は少し違うかもしれませんが最大でも待ち時間は1時間ほどのようです。

ゴンチャのメニュー

列に並んでいる間に店員さんからメニューが渡されるので並んでいる間にメニューを決めておきましょう。
ゴンチャ
ゴンチャは基本的にカスタマイズしてドリンクを作っていきます。

まず最初にドリンクを選び、その次に甘さと氷の量を選びます。ここまでは50嵐と同じです。そして、次にトッピングを選びます。ちなみにゴンチャのドリンクには最初からタピオカは入っていないのでタピオカドリンクが飲みたければトッピングでタピオカを選びましょう。

ゴンチャ
ドリンクはベースとなる4つのお茶から選びます。ジャスミン グリーンティー、ウーロンティー、ブラックティー、阿里山 ウーロンティーの4つから選びます。阿里山 ウーロンティー以外は値段も同じです。


茶葉については厳選されたこだわりのものを使用しているそうです。中でも阿里山ウーロンティーは高級台湾茶として有名な茶葉で香りや風味が高いワンランク上のお茶です。

ゴンチャ
その他にもベースとなる4種類のお茶にミルクやフレーバーを加えたドリンクも用意されています。タピオカミルクティーなどを飲みたい人はグリーンミルクティーやブラックミルクティーを選びましょう。

また、お茶系のドリンク以外にもハニーグレープフルーツジュースやレモンジュースなどのジュースやスムージーなども用意されています。

ドリンクにはS・M・Lの3つのサイズが用意されています。

ゴンチャ
ドリンクを選んだら甘さを選びましょう。甘さは4段階で選べます。甘く無いのが飲みたい人は0、甘めがいい人は3を選びましょう。

ゴンチャ
次に氷の量を選びましょう。氷の量は無し〜多めまで4段階で選べます。あまり冷たいのを飲みたく無い人は無しを選びましょう。ちなみに氷無しの場合は+70円になります。

ゴンチャ
最後にトッピングを選びます。トッピングは一つ70円で最大3つまで選べます。ゴンチャのドリンクにはタピオカが入っていないのでタピオカドリンクを飲みたい人は必ずタピオカをトッピングしましょう。

ゴンチャ
ドリンクやトッピングがたくさんありすぎて迷ってしまう人はオススメの組み合わせも紹介されているので参考にしてみてくださいね。

ドリンクの注文

ゴンチャ
行列に20分ほど並ぶと店舗の前に並べました。店舗の前へは店員さんが誘導してくれます。ここから注文までだいたい10分ほどです。

ゴンチャ
注文カウンターの上には液晶ディスプレイタイプのメニューが表示されており、季節のおすすめドリンクなどが紹介されているので参考にしてみるのもいいと思います。

ゴンチャ
また、カウンターの奥にある赤いタンクにはゴンチャのこだわりのお茶が入っています。

ゴンチャ
そして、右側のカウンターでドリンクを注文して左側のカウンターでドリンクを受け取ります。注文はドリンク→甘さ→氷の量→トッピングという順番で注文するとスムーズに注文できます。

ゴンチャ
ドリンクを注文してお金を払うと番号の書かれたレシートが渡されます。ドリンクはこのレシートの番号と引き換えに渡されるので無くさないようにしましょう。


ドリンクができるまでは店内で待っていましょう。店内は木目調の落ち着いた雰囲気となっておりゴンチャのドリンクが作られるまでの工程がアート風に紹介されています。また、少しだけですがイートインスペースも用意されています。

本格タピオカミルクティー

ゴンチャ
ドリンクを注文して3分ほどで商品が渡されました。スタバに比べると混んでいるのにもゴンチャ関わらずスピーディーです。今回は台湾の高級茶葉を使った阿里山ウーロンミルクティー(470円)と緑茶ベースのグリーンミルクティー(420円)にそれぞれタピオカ(70円)を追加しました。また、阿里山ミルクティーにはグラスジェリー(70円)も追加しています。

ゴンチャ
ドリンクの蓋はゴンチャのイメージカラーでもある真っ赤なシーリングタイプになっています。ここに太めのストローを刺して飲みます。

ゴンチャ
ドリンクの下部分にはタピオカがたっぷりと沈んでいます。

ゴンチャ
グラスジェリーを追加した方には大きなゼリーも沈んでいます。

味のほうはと言うと高級茶葉を使用した阿里山ウーロンミルクティーはお茶の香りがとっても高く一口飲むとお茶特有の風味が広がります。そしてミルクのまろやかさとほのかな甘みを感じました。日本のタピオカとは違ってかなりモチモチした食感のタピオカもたっぷり入っています。そして仙草と言われる薬草で作ったグラスジェリーはほんのり甘く、ゼリー特有の食感が楽しめました。

一方でグリーンミルクティーは緑茶特有のスッキリとした味わいのドリンクでした。

どちらのドリンクもとっても美味しかったです。ただ、タピオカが最初から入っていないのでドリンクの値段が少しだけ高めかなという印象を受けました。

デートにおすすめ!!

ゴンチャ
タピオカドリンクは女の子なら嫌いな子はいないと思います。だからゴンチャのタピオカドリンクは間違いなくデートにオススメです!

現時点で名古屋にゴンチャはららぽーと店しかないのですが、デートでららぽーとに行ったら絶対にゴンチャに行くのがオススメです。絶対に喜んでもらえると思いますよ。

特にゴンチャのタピオカは他のお店のタピオカに比べてモチモチとしていてまるでお餅のような食感です。また、使用されているお茶についてもかなりこだわったものでお茶の風味が豊かで美味しく飲むことができます。

ぜひ、一度はゴンチャに行ってみてください!!

おすすめ記事はコチラ!

詳細情報

名称:ゴンチャ ららぽーと名古屋みなとアクルス店
住所:愛知県名古屋市港区港明⼆丁⽬3番2号 ららぽーと名古屋みなとアクルス 1F
電話番号:052-304-9002
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休(ららぽーとの休館日に準ずる)
アクセス:名港線「港区役所駅」より徒歩2分
最寄駅:港区役所駅
駐車場:あり(ららぽーと駐車場)
公式HPhttps://www.gongcha.co.jp/

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする