【LINEゲットだぜっ!】合コンでLINEを交換する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ

合コンが終わりに近づいてきたら・・・やっぱりLINEの交換はしたいところですよね。

楽しくしゃべったあの人やあの子とLINEを交換してもっと仲良くなりたいっ!

なんていう風に思うのは自然な事だと思います。

でも、「断られてしまったらどうしよう・・・」「教えてくれるのかな?」なんていう不安な気持ちで結局、交換せずに終了なんていう事はありませんか?

そんなあなたの為に、今回は合コンの最後にLINEを交換する方法を紹介しちゃいます。

LINEの交換の仕方は2パターン

交換

合コンでのLINEの交換は実は2つパターンがあります。
そのパターンとは以下の通りです。

・直接相手に聞いて交換するパターン(ダイレクト方式)

・幹事同士が変わりにLINEを聞いて相手のOKがあれば交換するパターン(幹事経由方式)

この二つのパターンがあります。

合コンにもよりますが、僕の経験上は直接相手に聞いて交換するパターンが多かったですね。

ダイレクト方式

ダイレクト方式は自分の気になった相手に直接LINEを聞くパターンです。
自分で相手に対して「LINE交換しない?」「LINE教えてもらっていいですか?」というように直接声をかける必要があります。

その場で直接相手に聞く事が出来るので相手の反応を知る事が出来ます。

たぶん合コンでは最も一般的な方式です。

幹事経由方式

幹事経由方式はその名通り、一度幹事を経由した上でLINEを聞く方法です。

予め、誰と交換したいのかという事を幹事に伝えます。

それを聞いた幹事は相手側の幹事に対して確認を取ります。

相手側の幹事が相手に直接確認して交換を承諾すればLINEが交換出来ます。

交換までいくつかのステップがあるので、少し時間がかかる場合があります。

ただし、直接相手にLINEを聞く必要がないので、もし断られても気まずい思いをする事はありませんしショックも和らぐはずです。

また、自分が交換したくない相手がいた場合でも簡単に拒否できるのもメリットの一つです。

ダイレクト方式は・・・

お願い

ぶっちゃけると、ダイレクト方式は合コン初心者やLINEを聞きなれていない人には難しいと思います。
面と向かって聞く事になりますので、それなりに勇気が必要ですよね。

でも、そんな事を言っているといつまでたっても恋人を作る事が出来ないので、勇気を出して聞いてみましょう。

ポイントとしては”気楽な感じ”で聞く事です。

「よかったらLINE交換しませんか?」
「LINE交換しない?」
「せっかくだからLINE交換しようよ」

というような軽い感じでLINEを交換しましょう。

そもそも、LINEって電話番号やメールアドレスと違って簡単にブロックしたり非表示したりする事が出来るので交換のハードルはもともと低いんです。
ですから、失敗する事のほうが少ないんですよね。

なので、安心して気楽な感じでLINEを聞いてみると成功する確率が上がりますよ!

どうしても自分で聞けないなら幹事に頼もう

お願い

もしどうしても相手に直接LINEを聞く事が出来なかった・・・もしくは、聞きそびれてしまった場合は幹事にお願いして代わりに聞いてもらうのも一つの方法だと思います。

ただ、特に男性の場合は相手から受ける印象はあまりよくないかもしれないです・・・

また、そもそも合コンが始まる前から幹事に対してLINEの交換は”幹事方式”にして欲しいと頼んでおくのもオススメです。

1回の合コンで最低でも一人のLINEはゲットしよう

合コンは出会いの場です。
そして、恋がスタートする場所でもあります。

なので1回の合コンで最低でも一人とLINEを交換するようにしましょう。
そうじゃないと時間もお金も勿体ないですよ。

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕
20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDのライターをやってます。
好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)
20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。
というわけで、恋の経験値は高めです。
自分の経験を基に色々な記事を書いていきますので是非読んでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする