【水族館デート】めっちゃ生き物にフレられる!ニフレルに行ってきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニフレル

こんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

みなさんはニフレルっていった事がありますか?
ニフレルは大阪にある普通とは違う水族館として有名な水族館なんです。

ある点が今までの水族館とは全然違っていて、物凄く楽しい水族館なんですよ。
さらに、ニフレルはデートにも超オススメな水族館なんです。

というわけで、大人気の水族館「ニフレル」をご紹介します!

今まで以上に触れられる水族館

ニフレルは大阪にある全く新しい水族館です。
何が新しいのかと言うとニフレルという名前からわかるように生き物に触れる事が出来る水族館なのです。
厳密に言えば実際に触れる生き物はそこまで多くないのですが、とにかく生き物との距離が近いのが特徴です。
ニフレル
ニフレルで使われている水槽には蓋が無いんです。
また、展示方法も今までの水族館に比べると斬新で、生き物の見せ方や水族館全体の空間デザインなども素晴らしいのです。

ニフレル

今までこんなオシャレな水族館ってありませんでしたよね?これならデートの気分も盛り上がると思います。

このようにニフレルは今までの水族館の常識を覆す、全く新しい水族館なのです。

太陽の塔
ちなみにニフレル自体は大阪のシンボルでもある太陽の塔の近くにあるショッピングモール「エキスポシティ」の中にあります。エキスポシティには「ららぽーと」や映画館などが入っており1日中楽しめる大阪のデートスポットとなっています。

ショッピングやご飯も楽しめるのでデートにもピッタリですよね。

入り口から漂う、水族館らしからぬ雰囲気

ニフレル
水族館の入り口といえば改札が並んだ無機質なイメージがありますよね。
しかし、ニフレルの場合は入り口から違います。

改札を抜けて入り口に入ると光りが流れるように走る空間が現れます。特に何か書いてあるわけではないのですが、こうした演出がニフレルが他の水族館とは違うという事を物が経っています。

ニフレル

光るエントランスを抜けて展示室に入ると目の前にはまるで美術館のような光景が広がります。
薄明かりの中、色とりどりの魚が泳ぐ円形の水槽が浮かび上がります。
また、展示室全体が様々な色にライトアップされていて凄くオシャレな空間になっています。

今までこんな水族館はありませんでしたよね。

ニフレル

まず円形の水槽と言うのが水族館ではかなり珍しいのではないでしょうか。こちらの展示室ではカクレクマノミなどカラフルな魚が泳いでいます。また、円形の水槽だと360°あらゆる方向から魚を観察できるのも大きなメリットです。

展示室全体の雰囲気、円形の水槽で泳ぐ熱帯魚・・・これだけでまるで一つのアートです。デートでニフレルにくればかなりいい雰囲気になるのではないでしょうか。

ニフレル

オシャレな展示室を抜けると、次は明るくて広い展示室になります。ただし、こちらの展示室にもアーティスティックなオブジェなどが置かれていてただの水族館とは一線を画しています。

ニフレル

こちらの展示室ではドクターフィッシュのがいる水槽に自分の指を入れて指の角質を食べてもらう事が出来ます。なかなか体験する事が出来ませんよね。デートで行けば盛り上がるポイントだと思います笑

ニフレル

その他にはカブトガニなどこちらの展示室では比較的”地味”な生き物が展示されています。

こちらの展示室を抜けると次は3つ目の展示室になります。

ニフレル

3つめの展示室はかなり暗めの鏡張りの部屋になっています。物凄く不思議な空間です。
クラゲや深海魚などがキューブ型の水槽で展示されています。水槽にはスポットライトが当たっておりとっても神秘的な印象を受けます。

ここもデートでくればかなりいい雰囲気になるんじゃないでしょうか。

水の生き物だけじゃない

ニフレル
ニフレルは最初に水族館と言いました実は展示されているのは魚だけではありません。4つ目の展示室にはホワイトタイガーなどの生き物も展示されているんです。

ホワイトタイガーって普通の動物園でもなかなか見る事が出来ない超レアな動物ですよね。

ワニ

他にも、めちゃめちゃ大きいワニや・・・

カバ

お昼寝中のカバなどもいます。
ニフレルは水族館だと思っていたら動物園でもあったわけです。

ニフレル

ちなみにこちらのエリアではオシャレなカフェも併設されていてドリンクや軽食なども用意されています。
動物を見ながら休憩する事が出来るんですよ。デートでニフレルに行ったなら必ず寄りたいスポットです。

0距離で動物を観察

ニフレル
ホワイトタイガーがいる展示室を抜けると、いよいよ最後の展示室です。最後の展示室はニフレルの目玉とも言える場所です。画像を見てもらうとわかるのですが・・・基本的に動物との間に壁が無いんです。

ニフレル

だから鳥が足物にいる事もありますし・・・

ニフレル

鳥が飛び回って好きな木にとまる鳥もいます。本当に動物が放し飼い状態で展示されているのです。

ペンギン

ペンギンについてもこんな感じで囲いの中にいますが、囲いも低く触ろうと思えば触れるくらいのレベルです。ニフレルでは本当に0距離で動物と触れ合える事が出来るんです。こんな場所は今までなかったと思います。

ガラス越しに生き物を見るのではなく生き物が自由に過ごしている空間で一緒になって生き物を観察できるのは物凄く斬新で素敵ですよね。

自由に生き物が過ごしているので巨大な鳥が水をかけてきたりするアクシデントや鳥のフンが落ちてくることもありますが、そういうのを含めて楽しめる空間になっています。

ビーバー

また、鳥類だけじゃなくてこんな可愛いビーバーもいるんですよ!

生きているミュージアム

ニフレルのホームページを見ると「生きているミュージアム」というコピーが目に入ると思います。実際にニフレルに行ってみてこのコピーが嘘ではない事がわかりました。

他の水族館では考えられないようなオシャレな空間での生き物展示はもはや水族館ではなく美術館(ミュージアム)と言えると思います。そして、動物たちが自由に動ける環境はまさに「生きている」という感じです。

ニフレルは確実に今までの水族館や動物園を超えており、全く新しい一種のエンターテインメントだと思います。何よりもオシャレな空間デザインにによって動物園や水族館特有の雰囲気がデートにピッタリなロマンティックな雰囲気になっているのがデートにもピッタリです。そして、放し飼いになっている動物の予想外の動きなどもデートが盛り上がる要素にもなると思います。

ニフレルはデートに本当にオススメです。まだ行った事がないのならぜひデートで行ってみてください!!

おすすめ記事はコチラ!

詳細情報

場所:ニフレル
住所:大阪府吹田市千里万博記念公園2-1 EXPOCITY内 ニフレル
電話番号:0533-68-2059
営業時間:10:00~20:00 年中無休
入館料:大人1900円、子供(小・中学生)1000円、幼児(3歳以上)600円
定休日:年中無休
最寄駅:大阪モノレール 万博記念公園駅
駐車場:エキスポシティの駐車場を利用
公式HPhttps://www.nifrel.jp/

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする