顔脱毛

【小樽】海鮮丼が本当に美味しい滝波食堂【海の幸】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは!
食べるの大好きライターの僕(@boku_chandayo)です。

僕は先日、エアアジアに乗って北海道に遊びに行って来ました!
北海道では美味しいものをたくさん食べたりしたわけですが、北海道と言えばやっぱり海の幸ですよね?
せっかく北海道に行ったのなら北の海が育んだ美味しいカニやホタテやウニなどを堪能したいと思います。

そんな美味しい海の幸を一度に楽しめるのが海鮮丼です。
でも、海鮮丼って結構当たり外れが多いのでどのお店を選べばいいかわからないですよね。

というわけで、小樽にあるメチャメチャ海鮮丼が美味しいお店をご紹介したいと思います。
小樽で海鮮丼が美味しいお店を探している方や北海道で美味しい海鮮丼を食べたい方はぜひ参考にしてみてくださいね!

北海道の定番観光スポット小樽

小樽運河
小樽と言えば北海道の定番観光スポットです。
札幌からも電車で30分ほどで行けるので北海道に旅行に行く人は皆さん行くんじゃないでしょうか?

そして小樽と言えばやっぱり小樽運河ですよね。
小樽運河は北海道開拓時代に物流の拠点として使われていた運河です。

今では小樽のシンボルになっています。僕は昼間に小樽に行ったのですが夜になると運河周辺がライトアップされて凄くいい雰囲気になるんです。もしカップルでの旅行やデートで行くなら夜の小樽運河を散策するのがオススメです。

そんな小樽ですが実は美味しい海の幸が楽しめる場所でもあります。
小樽はホタテやウニが有名で中でも小樽のエゾバフンウニは甘味が強く美味しいと評判なんです。
なので小樽に行ったらやっぱり海鮮丼を食べたいですよね。

北のどんぶり屋 滝波食堂


海の幸が美味しい小樽には海鮮丼のお店がたくさんあります。
ガイドブックを見てもスマホで検索してもたくさんありすぎて迷ってしまいます。
その中でも実際に僕が行ってみて一番オススメしたいのが北のどんぶり屋 滝波食堂です。

滝波食堂は滝波商店という鮮魚店が直営するお店です。
海鮮丼がメインのお店で様々な種類の海鮮丼があります。

滝波食堂は小樽駅から徒歩2分で行く事の出来る三角市場という市場の中にあります。
三角市場は小樽駅を出たら左手に進むと階段があります。その階段を昇れば市場への入り口が見えてきます。

三角市場
三角市場へは看板もたくさん立っているので迷わず行けると思います。間違いなく行けばわかると思います。

三角市場
市場は細い通路が一本真っすぐに伸びており左右には美味しそうなカニやウニ・ホタテ・いくらなどの魚介類がたくさん売られています。

市場のちょうど真ん中あたりまで歩くと滝波食堂があります。
海鮮丼のメニューが大量に貼られている目立つお店なのですぐに見つける事が出来ると思います。

メニュー

滝波食堂
滝波食堂には海鮮丼のメニューがこのような感じでたくさんあります。
ネタによって値段は変わりますが1500円~2500円くらいの海鮮丼が多いですね。

カニといくら丼、サーモンといくら丼、ウニ丼など本当に色んな海鮮丼があってどれを選べばいいか迷っちゃいますよね。
贅沢にウニ丼を頼んでみるのもいいかもしれません。

また、滝波食堂では自分の好きなネタを組み合わせて楽しめる「わがまま丼」というのもあります。

滝波食堂

わがまま丼は「いくら・ウニ・カニ・本マグロ・ボタンエビ・イカ・ホタテ・サーモン・甘えび・季節のネタ」の中からネタを3品(2000円)もしくは4品(2500円)を選んで自分だけのオリジナル海鮮丼が作れちゃうというメニューです。

普通のメニューに食べたい組み合わせが無いという人や好きなネタだけ増量したいという人にオススメのメニューです。

ここでも迷ってしまうかもしれませんが、一つ言えるのはどのネタを選んでも間違いなく美味しくて大満足できるという事です!

この他、海鮮丼以外の地ビールなどのドリンクメニューもあります。

ちなみに滝波食堂は混雑時はお店の前にあるボードに名前を書いて待つ必要があります。
また、待っている最中に注文を聞かれるので事前に決めておきましょう。

小樽の海鮮丼

滝波食堂
お店の中は市場の中という事もあり、そこまで広くはありません。
しかし、しっかりと清掃が行き届いているので比較的キレイです。

滝波食堂
店内の左右の壁には芸能人や有名人のサインがたくさん飾られています。

席に着くとまずサービスの裂きイカが出てきます。
それから裂きイカを食べながら5分ほど待っていると海鮮丼がやって来ました。

海鮮丼

今回僕が頼んだのはお店の一番人気メニューでもある「たきなみ丼(2000円)」です。
たきなみ丼は「本マグロ・ボタンエビ・ホタテ・いくら・ウニ・サーモン」という定番のネタが6種類盛られています。
たきなみ丼さえ食べれば北海道の海の幸は全制覇出来ちゃいます。

また、海鮮丼にはのり汁がセットで付いてきます。(+300円でカニ汁に変更可)

海鮮丼
さて、こちらが「たきなみ丼」です。

もう、食べる前から美味しそうですよね。
特にウニなんて見てるだけで涎が出てしまいそうです。

今までいろんな所で海鮮丼を食べてきましたが、これだけ美味しそうな海鮮丼は見た事がありません。流石、北海道という感じです。

そして一口食べれば、それはもう美味し過ぎてとても表現できないレベルです。中でも小樽名物のホタテとウニは最高でした!!

ウニは「これでもかっ!」というくらい濃厚で甘く、変な臭みも一切ありません。
やはりミョウバンを使っていない新鮮なウニは味が違います。ご飯ともよく合うのでもう箸が止まりません!

一緒に行った子も「ウニは発泡スチロールみたいな味がするから嫌い」と言っていたのですがウニを一口食べるなり「このウニすごく美味しい!と驚いていました。

ホタテについては「今まで僕が食べていたホタテは何だったんだろう?」と思わせられる味でした。
今までホタテはねっとりとした触感のものこそが新鮮で美味しいと思っていたのですが、本当に新鮮で美味しいホタテは程よい歯ごたえと食感があるんです。ホタテを口の中に入れると極上の甘み、そして旨味が口の中に広がりほのかに磯の風味が鼻を抜けて行きます。

その他のネタについても鮮度抜群でとにかく甘味や旨味など素材の味が今まで食べてきた物とは桁違いでした。

それからこれだけ美味しい海鮮丼なのに値段がたったの2000円というのに驚きです。
東京で食べたら3000円はするんじゃないでしょうか。

メチャメチャ美味しくて大満足の海鮮丼でした。

小樽へ行ったら食べたい海鮮丼

今回食べた小樽の滝波食堂の海鮮丼は本当にオススメの1杯です。

小樽には繁華街にも海鮮丼のお店があるのですが、やはりネタの鮮度や質が低かったり観光地価格で割高だったりします。
しかし、市場にある鮮魚店直営の滝波商店なら鮮度抜群の海鮮丼をお手頃価格で楽しむ事が出来ます。

そして何よりも本当に美味しい海鮮丼なんです!
ネタの旨味や鮮度などあらゆる点においてやっぱり北海道だからこそ食べられる海鮮丼だと思います。本物の味が楽しめます。
思わずこの海鮮丼を食べるだけに飛行機乗って「北海道に行きたい!!」と思わせられる1杯でした。

せっかく小樽に来たのにこの海鮮丼を食べずに帰ったら間違いなく後悔すると思います。

小樽で海鮮丼を食べるなら絶対に滝波食堂がオススメです!!

FUTARIDEイチオシ! デートに使えるお店の一覧はコチラ

詳細情報

店名:北のどんぶり屋 滝波食堂(たきなみしょくどう)
住所:北海道小樽市稲穂3-10-16 三角市場内
電話番号:0134-23-1426
営業時間:8:00~17:00  (年中無休、ただし年末年始は休みもしくは営業時間に変更あり)
アクセス:小樽駅より徒歩2分
最寄り駅:JR函館本線 小樽駅
駐車場:なし(付近に駐車場有)
公式HP食べログはこちら

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする