【困った】デートの断り方5選!男性を傷つけないで上手に誘いを断るには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デート 断る ふる 失恋

大好きな彼からデートに誘われたらとても嬉しくて幸せです!

でも、恋愛をすると女性はどんどん魅力的になっていくため、気になる彼以外の他の男性からもデートに誘われて困ってしまうことも多いのではないでしょうか?

異性から魅力的にみられることは素晴らしいこと。とはいえ、デートをしたくない相手からデートに誘われてしまったら、実際は困ってしまうはず。

そのような時に、一度くらいならデートしてみてもいいかなと思えるような相手であれば、思い切ってデートの誘いを受けてみるのもありかもしれません。

しかし、やっぱり気乗りしない相手であれば、自分の大切な時間やお金が無駄になってしまいますし、相手にも”無駄な”期待を持たせてしまうことになりかねません。そのようなときに「なんとかデートを断りたい」と考えた時には、相手を傷つけない上手なデートの断り方を身につけることも大切です。

デートに誘ってくれた人があなたの会社の人や仲間など、これからもお付き合いをしなくてはいけない相手であれば、言葉を選んで相手の誘いを上手に断るようにしましょう。

断り切れずにデートに行って無駄な時間を過ごしてしまったり、断ったことで気まずい関係になってしまったりする人はぜひ、デートを断るときの参考にしてみてください。

①日時をうやむやにする

一番簡単な方法は、予定をうやむやにすることです。しっかりとした具体的な日時を決めないことで、それとなくあなたがが相手とデートに行く気がないことを伝えます。

また、その場で予定が分からなかったり、重要な予定が入るかもしれないことは(仕事や家族、他の友人との予定)、誰にでもよくある状況です。

相手からしつこく誘われると、気が弱かったり優しかったりする人は「その日ならいいよ」と言ってしまいがちです。しかし、その場では絶対に返事をしないように心掛けましょう。

「まだ予定が決まっていなくて…」が連続して何度も続いた場合は、相手も自分に気がないことを察してくれるでしょう。

②みんなで一緒に行こう

デートに誘われたときに、「今度、みんなと一緒に行きましょう」など、自分とあなただけではなく、他の人も含めてお出かけすることを提案してみましょう。

明らかにデートで行くような場所であったとしても、このような発言をすることによって、遠まわしに「あなたとは2人きりになりたくはない」ことを伝えることができます。

メンタルが強い相手であれば「いや、君と2人がいいんだよ」などと言ってくるかもしれませんが、それには負けないようにしっかり「みんなで」と言い張ることが大切です。

③丁重にお断りする

あえて、丁寧に断るという方法もおすすめです。

ここでのポイントは、ただ単に断るだけでなく丁重にお断りすること。お断りする際に「本当に、何度も何度も断ってばかりですみません」というような丁寧な一言を入れることによって、毎回誘われて迷惑をしていることを遠まわしに伝えることができます。

何度も何度も相手から誘われるとしまうと相手に申し訳なくなって応じてしまうように、誘われたこちらが謝罪することによって相手に申し訳ない気持ちを持ってもらいましょう。

④忙しい

デートを含め、様々な誘いやセールスを完全拒否する言葉が「忙しい」です。私は以前、新規の法人営業でテレアポや飛び込み営業をしていたことがあるのですが、その時に一番多かった断り文句が「今忙しい」でした。

何に忙しい・いつまで忙しいといった、一切はっきりとした情報を与えないこの「忙しい」という言葉は、デート然りセールス然りを完全に拒否する言葉です。

身近な相手だと断り文句としてきついと思われるかもしれませんが、相手が全然引き下がらなかったり、遠まわしな表現では理解してくれない場合は思い切って使いましょう。逆にこれを乗り越えてくる人は、かなりの猛者です。笑

⑤パートナー・好きな人がいる

「配偶者や恋人などのパートナーがいるからデートできない」と言う断り文句は、数あるデートの断り文句の中でも一番正当です。

それに、人として当たり前のことでもあるので、言われた側も自分を否定された訳ではないため傷つくことも少ないはず。そのようなパートナーがいない人は「他に好きな人がいる」と言えば大丈夫です。

これでも引き下がらなかった場合はかなり非常識な相手と言えます。その場合は、相手を尊重して傷つけないように断るという概念は一旦捨てて、普通にお断りしましょう。

ドタキャンは絶対にダメ

なんとなく流れでOKしてしまうと、直前になって行くのが憂鬱になったり他に楽しそうな予定があればそちらを優先してしまって、ドタキャンをすることになりかねません。

どんなにあなたにとって魅力的ではない相手であっても、人としての最低限のマナーは守るようにしましょう。

そして、そもそもデートの誘いを断ることは何も悪いことではありません。何度も誘ってくれて申し訳ないから、いつも良くしてもらっているから、仕事でお世話になっているから、全て関係ありません!笑

デートはしたい人とだけ。限りある自分の時間を有効に使いましょう。

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター kaya)

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする