【京都デート】名古屋から日帰りで京都デートしてみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

みなさんは休みの日に遊びに行く計画を立てたりするのって得意ですか?
僕はあんまり得意じゃなくて、どこかに行くのも前日の夜に決めたりとあんまり計画を立てるのが苦手です。

なので休みの日の朝に突然日帰り旅行に行く事も結構あったりします。

そんな僕ですが最近、当日の朝になって突然京都に行って来ました!
というわけで、今回は名古屋から京都への日帰り弾丸デートをご紹介します。

いつもとはちょっと遠いところでデートしたいなと思っている人はぜひ参考にしてみてください!

日帰りで京都へ

京都
京都へ行く・・・と聞くとちょっとした旅行のように思う人もいるかもしれませんが、名古屋から京都ってかなり近いんです。京都へは、名古屋から車で1時間40分ほどですし、新幹線を使えば30分でついてしまいます。

また、大阪や神戸からも京都って近いんですよね。

なので実は京都って日帰りでふら~っと行けてしまうんです。

お昼に京都へ到着

僕が京都に日帰りデートに行った日は10時に車で名古屋を出発し、12時過ぎには京都に到着しました。

12時なので京都についたらまずはランチです。

そして京都のお昼と言えば・・・やっぱりおばんざいですよね!
おばんざいというは京都の一般家庭で食べられるお惣菜で、京野菜や出汁をふんだんに活かした京都らしい料理を楽しむことが出来ます。

京都にはおばんざいが食べられるお店がたくさんあるのですが、僕は「松富や壽(まつとみやことぶき)」というお店に行って来ました。

「松富や壽」はこだわりの素材を活かしたシンプルな味付けの料理が楽しめるブッフェスタイルのお店です。

おばんざい

お店は閑静な住宅街にあります。
建物は築90年の町家を改装しているそうです。
いかにも京都といった感じです。

おばんざい

お店の前には大きな看板も置かれているので見つけやすいです。

おばんざい

お店の中はこのような感じになっています。
いかにも町屋という趣のある雰囲気です。

中庭

また、お店の中には小さいですが、中庭もあります。

「松富や壽」はブッフェ形式なので好きなものを好きなだけ食べる事が出来ます。

おばんざい

残念ながら撮影禁止なのでお料理が並んでいるテーブルを撮る事は出来ませんでしたが僕の盛り付けはこのような感じです。

左上が京野菜と芽昆布のサラダです。自家製の麹ドレッシングをかけて食べます。
真ん中の上部に見えるのがこんにゃくの煮物です。こんにゃくは大阪の有名なこんにゃく屋さんのものを使用しているそうです。

そして、右上にあるのが京都の地鶏のから揚げです。胸肉なので余分な脂身がほとんどありません。それなのにジューシーで柔らかく噛めば噛むほど鶏肉の旨味が溢れ出てきてとても美味しかったです。

左下は切干大根、その隣は小松菜の和え物です。どちらも素材本来の美味しさが全面に出た一品です。特に切干大根は大根と人参が持つ自然な甘みがかなり感じられました。

最後はスクランブルエッグ、もやしの和え物、北海道産じゃがいものフライドポテトです。
スクランブルエッグは出汁が効いていて、ふわふわの触感でとっても美味しいです。スクランブルエッグというよりはだし巻き卵に近い感じです。
フライドポテトもジャガイモのホクホク感がたまりませんでした。

この他に雑穀米とこだわりの味噌を使ったお味噌汁、デザートとして豆大福がついてきます。

メニュー

メニューの裏側には「松富や壽」のこだわりが書かれています。

おばんざいと言うと野菜が中心で男性からするとあまりお腹いっぱいにならないイメージだったですが、地鶏の唐揚げやフライドポテトなどボリュームのある食材も用意されているので大満足でした。

なお、食べ放題は60分の時間制限があります。

京都観光には自転車がオススメ

自転車
おばんざいで腹ごしらえをしたら京都観光を楽しみましょう。
京都を観光するにはバスや地下鉄、タクシーなど様々な交通機関がありますが一番オススメなのは自転車です。
最近では観光客が増えており、バスに乗るまでに時間がかかったりして貴重な時間を無駄にしてしまう事があります。

でも、自転車ならこうした心配はありませんよね。

車で京都に来たのなら「1日2000円打ち切り」みたいな駐車場に車を停めて自転車で観光してみるのがオススメです。
自転車を借りられる場所や駐車場については検索すればいろいろ見つかると思いますので調べてみてください。

ちなみに、僕はいつも京都の繁華街へのアクセスがいい「鴨東駐車場」を使っています。
打ち切り料金はないのですが30分200円とかなりの低価格料金です。

また、駐車場で自転車を借りる事が出来ます。
係員の人も親切ですので、かなりオススメですよ!

自転車で京都を巡ろう

三十三間堂
自転車を借りたら京都市内の観光地を周りましょう。
鴨川沿いを走るのも気持ちいいのでオススメです。

今回、僕は自転車で三十三間堂と京都国立博物館へ行って来ました。

三十三間堂

三十三間堂は京都の観光スポットでも定番なので行った事がある人も多いと思います。
三十三間堂は121mもの長さがあり1001体の観音様が祭られています。

外国人の方にも人気の観光スポットという事もあり、多くの外国人観光客で賑わっていました。

三十三間堂

中でも朱塗りの門は外国人観光客に大人気でした。写真を撮りまくっている人がめちゃめちゃいました。

京都市博物館

三十三間堂の次に行ったのが京都国立博物館です。
モダンでオシャレな入り口を抜けると・・・・・

京都市内なのにも関わらず広大な敷地が広がります。

考える人

あの有名な「考える人」の像が置かれていたりします。

京都市国立博物館

こちらの歴史を感じさせる古い建物は京都国立博物館の旧館です。

京都国立博物館

そしてこちらが新館です。
旧館とは対照的で、とても近代的な建物ですよね。

僕が行った時は新館では特別展「海北友松 展」を見る事が出来ました。
その他、一部の銅像や仏像も見れます。

夕食はあの名店で

国立博物館をゆっくり見ていたところ、あっという間に夜になってしまいました。
そこで夕食を食べにあの有名な「おかる」に行って来ました!

おかるとテレビにも何度も取り上げられており、芸能人も足を運ぶ祇園で人気のお店です。

おかる

その証拠に店内には多数の芸能人のサインが貼られています。

ちなみに、芸能人以外にもおかるは舞妓さんからの人気もかなりあるそうです。

カレーうどん

さて、そんな「おかる」で一番人気のメニューは肉カレーうどん(880円)です。

「おかる」の肉カレーうどんは出汁がかなり効いており、一口食べると出汁の風味が口の中一杯に広がります。そして、後からピリッとしたスパイスの刺激を感じます。
結構ボリュームがあるのですが、美味しいのであっという間にお腹の中に入って行ってしまいます。

芸能人や舞妓さんが通う人気店というのが納得の味でした!

たまには日帰りデートもあり

デートと言えばどうしても近場になってしまいます。
また、恋人と旅行に行こうと思って時間や予算の面でなかなか行けないという人も多いと思います。

でも、京都だったら名古屋や大阪から気軽に日帰りで行けてしまいます。
日帰りデートでちょっとした旅行気分が味わえるので、最近デートがマンネリ化してきたな~というカップルにもオススメです。

日帰りや短い時間でもプランによっては十分京都を満喫する事が出来るので、ぜひみなさんも京都で日帰りデートに行ってみてくださいね!

おすすめ記事はコチラ!

詳細情報

店名:松富や壽(まつとみやことぶき)
住所:京都市中京区竹屋町通小川東入東竹屋町422
電話番号:075-255-7899
営業時間:11:30~15:00(LO 14:20)
定休日:火曜日
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅より徒歩8分
最寄り駅:京都市営地下鉄烏丸線 丸太町駅
駐車場:なし(周辺にコインパーキングあり)
公式HPhttps://www.obanzai-ichie.com/

名称:三十三間堂
住所:京都市中京区竹屋町通小川東入東竹屋町422
電話番号:075-255-7899
営業時間:8時~17時(11月16日~3月は9時~16時)
定休日:不定休
アクセス:京都駅より市バス各路線にて10分
最寄り駅:バス停、博物館三十三間堂前よりすぐ
駐車場:あり
公式HPhttp://sanjusangendo.jp/

名称:京都国立博物館
住所:京都市東山区茶屋町527
電話番号:075-525-2473
営業時間:火~木・日9:30~18:00 金・土9:30~20:00
定休日:毎週月曜日(祝日を除く)・年末年始
アクセス:京都駅より市バス各路線にて10分程度
最寄りのバス停:バス停、博物館三十三間堂前よりすぐ
駐車場:隣にコインパーキングあり。入館者は1時間まで駐車場無料。
公式HPhttp://www.kyohaku.go.jp/jp/

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする