【LINE】モテる人が使う5つのLINEテクニック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはモテる人という人種が存在します。
モテる人は誰が見ても可愛かったり、カッコよかったりするわけですが、一見すると「なんでこの人がこんなにモテるの???」というような人もいます。

そんな一見モテなさそうな人がモテる理由は実はLINEにありました。
LINEは欠かせないコミュニケーションツールなのですが、このLINEの使い方を変えるだけで人からモテる事ができるのです。

そこで今回はモテる人が使う5つのLINEテクニックをご紹介します。

モテるLINEテクニック①:ちょうどいいLINE頻度


モテる人のLINEテクニックで一番参考にすべきなのはLINEを送る頻度です。LINEを送る頻度は早すぎても遅すぎてもダメです。

LINEを早くたくさん送ってしまうと相手から迷惑がられてしまったり、嫌われてしまう可能性すらあります。また、LINEを送り過ぎてしまうと相手があなたという存在に慣れてしまって特別感が無くなり、その先に発展するのが難しくなるかもしれません。

逆にLINEを遅く返信してしまうと相手とうまく関係を構築できません。LINEを送る頻度は長すぎず、短すぎず、返信するスピードも速すぎず、遅すぎないのがポイントです。モテる人はこうしたLINEの頻度にもしっかりと気を配り相手に併せてLINEの頻度を変えます。

例えば、相手が自分に気があるようであれば頻繁にLINEを送ってさらに深い関係を構築します。一方で知り合ったばかりや、まだ相手が自分に心を開いていない状態では少しずつLINEを送っていきます。

このように相手にあわせて空気を読みつつ、LINEを送る頻度を変えるのがモテる人の秘訣です。

モテるLINEテクニック②:サラっと送る気遣いLINE

スマホ_女性
モテる人はサラっと相手を気遣うLINEを送ります。

例えば、相手が落ち込んでいたり、辛いことがあったときには「大丈夫?」というLINEを送ってあげるなど、相手のそばに寄り添った相手を気遣うLINEをサラっと送ります。

こうした気遣いLINEはスマホ上に表示されるメッセージでも送られた相手からするとかなり嬉しいもので送られた相手は間違いなくあなたに好意を少しずつ抱くはずです。

こうした相手を気遣うLINEを送れるのもモテる人のLINEテクニックの一つです。

モテるLINEテクニック③:おはよう~おやすみ まで


モテる人はある程度の仲になったり、関係が構築出来たらマメにLINEを送ります。

朝は「おはよう」というLINEから始まり、夜は「おやすみ」というLINEで終わるという、どこかの会社みたいですが文字通り「おはようからおやすみ」までLINEを送ります。

こうする事でLINEというコミュニケーションツールを介してですが、相手の中であなたと過ごす時間は着実に増えて行きます。

この時間が増えるのに連れて相手との関係もさらに深まります。つまり、相手からの好感度を高めることができるのです。

モテるLINEテクニック④:日常を共有する

コーヒー
モテる人はLINEで自分の日常を共有しています。

具体的にどういう事かと言うと、例えば今日食べたランチや発見した面白いものなどを写真に撮って送ります。

こうした事で文字中心になりがちなLINEに画像が入るので、よりコミュニケーションが取りやすくなります。内容によってはLINE上での会話のネタにもなると思います。

また、日常を共有することで自分がどういう人間なのかという事を相手に伝えて自分の事を相手に知ってもらう機会にもなります。

モテるLINEテクニック⑤:相手が返しやすいLINEを送る

スマホ
モテる人はLINEで送る内容についても考えて送ります。

モテる人は相手が返しやすいLINEを送ります。例えば送るLINEは全て疑問形であったり、相手の興味のある内容にするなど相手がLINEを返しやすい内容を送ります。

こうした事でLINEでのやり取りが続きますし、こうした配慮が相手に心地よさを与えて自然と好意を抱くようにすることができます。

モテる人は配慮ができる

ハート
ここまでモテる人のLINEテクニックを5つ紹介しましたが、共通して言えるのはモテる人はLINEでも「相手に配慮できる」ということです。

モテる人は相手の事を考えながらLINEを送ることができるので相手が自然と好意を持つようになります。だから、モテるのです。

常に相手の事を考えながらLINEを送れるのがモテる人の秘訣なのです。

あなたも相手のことを考えながらLINEを送ってみるようにするとモテるようになるかもしれませんよ!

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする