【LINE】脈なしLINEを見分ける5つのポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホ

好きな人や気になっている人とやり取りするLINEってとっても楽しいですよね。

ついついLINEを送り過ぎてしまって「嫌われちゃうんじゃないか」と不安になってしまったり、相手からのLINEの返信をワクワクして待ってしまったりすると思います。

そんなLINEを好きな人としていて気になるのが「脈ありなのかどうか」ということだと思います。

脈ありならもっとLINEをして攻めていきたいですし、逆に脈なしなら諦めたいですよね。

そこで今回は「こんなLINEが来たら脈なし」という脈なしLINEを見分ける5つのポイントをご紹介します。

脈なしLINEその①:返信が遅い


LINEの相手があなたに興味があれば自然とLINEの返信が早くなるはずです。だから、もしLINEの返信が遅いのであれば脈なしの可能性が高くなります。

もちろん、仕事などで忙しくて返信が遅くなる・・・という事もあるかもしれませんが、LINEの返信が遅い状態がずっと続くのであれば脈なしの可能性が高いです。

脈なしLINEその②:返信が短い

LINEの相手があなたに興味を持っていれば自然とLINEの長さが長くなるはずです。

もちろん短文でしか返信できないこともありますが、疑問形でLINEを送ったのにも関わらず「そうだね」「うん」などの短文で返信があった場合は脈なしだと思われます。

脈なしLINEその③:返信がスタンプのみ

スマホ
LINEの相手からの返信がスタンプのみだと残念ながら脈なしの可能性が高くなります。

スタンプを送られると「嬉しい」と喜んだりする人も多いかもしれませんがスタンプは「返信するのがめんどくさいからとりあえず押しておく」という使われ方もします。だから、スタンプが送られてきた場合は脈なしの可能性が高くなります。

脈なしLINEその④:なかなか既読が付かない

相手にLINEを送ってもなかなか「既読」が付かない場合、脈なしの可能性が高くなります。

もし、相手があなたのことが気になっているのならすぐにあなたからのメッセージを見てくれるはずなので、すぐに既読が付くはずです。

だから、もしすぐに既読が付かなかったり既読が付くまでに時間がかかる場合は脈なしということになります。

脈なしLINEその⑤:既読無視

LINE
既読無視は言うまでもなく脈なしです。既読無視をされていてあなたからLINEをした結果、返信があったとしてもやっぱり脈なしと考えたほうがいいと思います。

既読無視の理由の一つに相手がLINEでの会話が終わったと思っていたという可能性もわずかにありますが、それでも既読無視は脈なしの可能性が高くなります。

LINEの内容よりも最初との変化が重要

ここまで脈なしLINEの特徴を5つ紹介しました。しかし、LINEで脈なしかどうかを判断するにはLINEの内容だけではNGです。

LINEの内容よりもLINEを始めたころからの「変化」の方が重要です。

例えば・・・

「LINEを始めた頃は返信が早かったのにも関わらず最近はLINEの返信が遅い」
「最初の頃は長文のLINEを送って来てくれたのに最近は短文やスタンプだけの返信が多くなった」

というような事があれば脈なしの可能性はかなり高くなります。

LINEで脈なしかどうかを判断するにはこのように最初の頃と比べてみるのも大切なのです。

好きな人とのLINEを見返そう

スマホ
今回紹介したLINEの脈なしポイントを参考にすれば普段何気なく送り合っているLINEで脈なしかどうかを簡単に見分けられます。

好きな人や気になっている人とLINEをしていて、相手の気持ちがなかなかわからない場合は一度今までのLINEを見返してみるのがおすすめです。

そして、相手からのLINEが脈なしポイントに当てはまっているかどうかや最初の頃のLINEと見比べてみましょう。

そうすれば脈なしかどうかがわかると思いますよ。

おすすめ記事はコチラ!

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする