【ドライブデート】森を抜けたら北欧!?メッツァビレッジを徹底レポート!【埼玉県飯能市】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メッツァビレッジ

みなさんこんにちは!
ライターの僕(@boku_chandayo)です。

みなさんは北欧と言ったら何を思い浮かべますか?
多くの人は豊かな自然が広がる冷涼な大地を思い浮かべると思います。北欧ってなんとなく自然が豊かなイメージですよね。
また、マリメッコをはじめとする特徴的な北欧デザインを思い浮かべる人もいるかもしれません。

そして、北欧と言えばデートスポットにもおすすめなIKEAの発祥の地でもありますよね。

そんな北欧をテーマにした新しいスポットが埼玉県飯能市に最近オープンしました。

その名も「メッツァビレッジ(metsa village)」です。

メッツァビレッジは「余白と、暮らす」をテーマにしたシンプルな空間で「のんびりとゆったり過ごせる」北欧をテーマにした商業施設になっています。商業施設といっても買い物や食事を楽しむだけではなく公園と一体化しているのでベンチに腰かけて本を読んだり、おしゃべりするなどいろんな楽しみ方があります。

実際に行ってみたところメッツァビレッジはデートにもピッタリの場所でした。

この記事ではメッツァビレッジについて詳しくご紹介します。

メッツァビレッジとは

メッツア
メッツァビレッジは埼玉県飯能市にオープンした新しい商業施設です。商業施設といってもよくあるショッピングモールとは違います。

メッツァビレッジは公園の中にあるので周りが森に囲まれていたり、大きな湖があるなどとっても自然豊かなのが特徴です。また、いろんな場所にのんびり座れるベンチやお昼寝が出来そうなリクライニングチェアなどが用意されており、買い物をしなくても十分に楽しめる場所です。

さらに、食事やショッピング以外にも湖でカヌーに乗ったり、ワークショップで物を作るなど体験型アクティビティも用意されています。

メッツァビレッジは北欧をテーマにしているので売っている雑貨も北欧の物が多く、レストランでも北欧らしい料理が楽しめます。建物や雰囲気などを含めて、北欧気分を存分に満喫できるようになっています。

そして、なんとメッツァビレッジは来年3月にオープン予定の北欧の人気キャラクター「ムーミン」をテーマにした「ムーミンバレーパーク」に隣接しています。ムーミンパークの行き帰りにも寄る事ができます。

森を抜けたら北欧!?


メッツァビレッジは市街地から離れた場所にあるので基本的に車もしくはバスで行く必要があります。専用駐車場も用意されています。都内から1時間ほどですのでドライブデートにもちょうどいいと思います。


また、バイク用の駐輪場も用意されています。


車を停めたらメッツァビレッジに入りましょう。メッツァビレッジの入り口はこの森です。


森の入り口に全体図がありました。宮沢湖の周りがメッツァビレッジとなっています。また、隣にはムーミンパーク(2019年3月オープン)があります。


それでは森を抜けてメッツァビレッジに向かいましょう。左右が木々に囲まれていてこの森だけでも本当に北欧に来た気分が味わえます。また、「この先に何があるんだろう?」という感じでなんとなくワクワクします。


森の中には所々にこのような案内板も表示されています。オシャレですね。

メッツァビレッジ
森を抜けて一番最初に目にするのがこちらの景色です。北欧を彷彿させる大きな建物が登場します。これがメッツァビレッジのメインの建物です。

メッツァビレッジ
その先には大きな湖もあります。

メッツァビレッジ
湖にはゆっくりと過ごせそうなイスも用意されています。

メッツァビレッジ
また、ピクニックなども楽しめそうな広めの芝生エリアも用意されています。この日はフリーマーケットが開催されていました。

メッツァビレッジは自然豊かな北欧の雰囲気の中でゆったりと過ごせそうですね。

北欧がテーマのショッピング&フード

メッツァビレッジ
最初にメッツァビレッジのショッピングとフードについて紹介していきます。メッツァビレッジには写真のようなメインの建物の中にショッピングエリアとフードエリアがあります。

それぞれマーケットホール(ショッピング)とバイキングホール(フード)という名前が付けられています。

メッツァビレッジ
まずは、マーケットホールからご紹介します。

メッツァビレッジ
マーケットホールに入っているお店はこのようになります。1Fはカフェや軽食、北欧フードなどを扱うお店が入っています。2Fには北欧雑貨のお店が入っています。

メッツァビレッジ
マーケットホールに入ると通路の左右に対していろいろなお店が入っています。北欧のお菓子やお酒、コスメなどを扱っているお店が多い印象でした。

メッツァビレッジ
また、このように埼玉県で取れた新鮮な野菜も販売されています。

メッツァビレッジ
マーケットホールの中でも個人的に一番オススメしたいのがこちらのビオキア スムージー(biokia smoothie)というお店です。ビオキアはフィンランドのお店でワイルドフードと言われる農薬や肥料などを一切使わずに栽培されたビルベリーなどを使ったスムージーが楽しめます。日本初出店との事でした。

ビルベリースムージー
スムージーとヒルベリーパウダーなどの食材だけを扱っているお店ですがこのスムージーが絶品でした!

ビルベリースムージー
ビオキアスムージーには4種類のスムージーが用意されています。今回はその中でも「ヒルベリースムージー(680円)」を選びました。ヒルベリースムージーを飲んでみるとヒルベリー特有の酸味と程よい甘さを感じられました。飲んでいるとヒルベリーの繊維も感じられ、ベリー果実感をかなり感じられました。少し値段は高いですが絶対に飲んでみるのがおすすめです。

SAIBOKU
また、マーケットホールには埼玉県日高市にある牧場直営のSAIBOKUというお店も入っています。SAIBOKUでは豚を品種改良して美味しいハムやソーセージを作っています。ドイツのコンテストで受賞歴もたくさんあるお店です。

SAIBOKU
目の前でソーセージやハムなどを焼いてもらえます。

ソーセージ
今回はSAIBOKUの人気メニューが楽しめる「もりもりセット(1100円)」を注文しました。SAIBOKUでも人気のとんてき・ハム・ベーコンの3種類が一度に楽しめます。3種類の中でも、とんてきは食べごたえ抜群で豚の旨味が感じられるジューシーなお肉でした。とっても美味しかったです。

メッツァビレッジ
さて、次はマーケットホールの2階です。2階は全て北欧雑貨が売られています。マリメッコなどをはじめとする北欧デザインの食器やタオルから、日本では見かけないような珍しい雑貨までいろんな商品が取り扱われています。見ているだけで楽しくなれますよ!

メッツァヴィレッジ
次はフード系のお店がたくさん入っているバイキングホールに行ってみました。

メッツァヴィレッジ
バイキングホールの中に入っているお店はこのような感じになっています。ラーメンからサンドイッチ、カフェまで一通り揃っていますね。

亜夫利
バイキングホールの中でも一番最初に目に入ったのが人気ラーメン店AFURIです。AFURIと言えば神奈川県発の人気ラーメン店ですが、メッツァビレッジにもなぜか入っていました。

メッツァビレッジ
AFURIも最近ではポートランドやリスボンなど海外にも積極的に展開しているので、そういった意味ではメッツァビレッジに入っていてもおかしくないのかもしれませんね。AFURIはどこのお店に行っても人気の店ですが、メッツァビレッジのお店も混雑していました。

メッツァビレッジ
次に紹介するのはフィンランドからやってきた北欧最大のカフェチェーン「ROBERT’S COFFEE(ロバーツコーヒー)」です。ROBERT’S COFFEEは日本国内だと福岡に店舗があるようですが今回、関東発進出です。

北欧から直輸入した自慢の豆を使ったコーヒーの他に、シナモンロールやサンドイッチなどフードメニューも揃っています。
コーヒー
「アイスコーヒー(M・460円)」を飲んでみると軽めのすっきりとした味わいでした。サンドイッチなどのフードともよく合いそうでした。ただし、コーヒーにするとスタバと比較してちょっと高めな印象です。

LAGOM
バイキングホールの2階には比較的大きめな「LAGOM」というお店が入っています。LAGOMはデンマークの伝統的な料理であるスモーブロー(オープンサンドイッチ)のお店です。

LAGOM
このようなランチボックススタイル(1944円)で提供されるので外の芝生やベンチに腰掛けながら食べればピクニック気分が楽しめます。オープンサンドイッチも具材がたくさんでとっても美味しそうでした!

メッツァビレッジ
また、バイキングホールはスイーツのお店もあります。こちらのONE MORE BITE(ワン モア バイツ)では厳選したミルクを使ったソフトクリームが楽しめます。

メッツァビレッジ
店内にはこんな感じの北欧らしいソフトクリームの看板があります。

ソフトクリーム
ONE MORE BITEのソフトクリームは追加料金でチョコレートを付ける事が出来ます。ソフトクリーム自体はミルクの風味が豊かで濃厚なソフトクリームでした。

今回紹介した以外にもメッツァビレッジにはいろんなお店が入っています。実際にメッツァビレッジに行ってお気に入りのお店を見つけてみてください。

お散歩にもピッタリ

メッツァビレッジ
メッツァビレッジは公園の中にあり、自然に囲まれているのでお散歩にもピッタリです。湖の周りは道が整備されていて、ゆったりとお散策ができるようになっています。

普段なかなか触れる事の出来ない自然に囲まれながら歩くのって凄く気持ちいいですよ!

カヌー
歩いているとこのような建物を発見しました。こちらはカヌー体験の受付です。メッツァビレッジでは宮沢湖にてカヌーに乗れます。大人2000円とちょっとお値段が張りますが1時間しっかりとカヌーが楽しめるので結構お得かもしれません。

カヌー
カヌーはこちらの乗り場から乗ります。カップルでカヌー体験をすれば絶対に盛り上がると思うのでデートでメッツァビレッジに行ったらぜひ乗ってみてくださいね。

メッツァビレッジ
ちなみに湖を挟んだ対岸にはムーミンパークが見えます。可愛らしい灯台や・・・

ムーミンパーク
ムーミンのお家?のような建物(まだ建設中です)もあり、北欧気分がさらに高まります。

ムーミンパーク
なお、ムーミンパークは2019年3月にオープンの予定です。

日本から一番近い北欧!?

メッツァビレッジ
メッツァビレッジを一言で表現すると東京からたった1時間で行ける”日本から一番近い北欧”といった感じです。森の中にあり湖や自然が溢れるメッツァビレッジは私たちがイメージする北欧そのものです。メッツァビレッジの中では時間がゆったりと流れて、ゆっくりと過ごす事が出来ます。

もちろん、可愛らしい北欧の雑貨をいろいろ見ながらショッピングを楽しんだり、美味しい料理を食べたりするのもいいと思います。

しかし、せっかくメッツァビレッジに行ったのなら大切な人と二人っきりでイスに座りながらくつろぐ・・・普段の生活の中ではなかなか体験できない、そんな非日常的な体験をしてみるのが一番おすすめです。

メッツァビレッジは東京から車で1時間程度と近いのでみなさんもぜひ一度行ってみてくださいね!

駐車場について


メッツァビレッジでは駐車場のオンライン予約ができます。混雑が予想される日はオンライン予約してから行くと駐車場の待ち時間もなく快適にメッツァビレッジに入れます。

駐車場について詳しくはコチラのページをチェックしてください。

おすすめ記事はコチラ!

詳細情報

名称:メッツァ
住所:埼玉県飯能市宮沢327‐6 メッツァ
営業時間:10:00〜21:00
定休日:不定休
料金:無料
アクセス:狭山日高ICより10分
駐車場:あり(有料・事前予約可)
公式HP公式サイトはこちら

(FUTARIDEライター 僕)

関連記事

僕

20代後半の男です。自称ITコンサル業界最強の会社で社畜としての毎日を送りつつFUTARIDEのライターをやってます。好きな物は楽しい事・EDM・女の子(笑)20歳くらいに恋愛の楽しさ&素晴らしさに目覚めそれ以降、様々な女の子と遊んだり恋をしてきました。というわけで、恋の経験値は高めです。自分の経験を基に色々な記事を書いていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする